ビビッドカラーの花

みなさん こんにちは。

今回は初夏を感じさせるビビッドカラーの黄色とオレンジの花を作ってみました。

初夏というのは、暦の上ではいつからいつまでとは明確に定められておらず、陽ざしが強くなり、夏を感じさせる日が続くようになった頃、大体5月から6月の期間です。

1年間を24分割しそれぞれの季節に言葉をつけたのが24節季です。そのうちの立夏とは夏の始まり、春分の日と夏至の真ん中に位置していて、ちょうど5月のこどもの日の頃とも言われています。

初夏と梅雨の違いは、梅雨は気象現象というのに対し、初夏は肌で感じるということです。

初夏でイメージされるものとしては、薫風、さわやかな青空、木洩れ日、サクランボ狩り、また旬の魚なんでしょうか、鮎などもあります。

黄色いマリーゴールドです。同じくビビッドカラーのオレンジのリボンを飾ってみました。

オレンジ色のポピーです。5月頃から、道端に咲き始めています。

このポピーはオレンジ色のフエルトを使っています。5,6センチの正方形から波型の丸に切り、真ん中上下にVの切込みを入れて両側が楕円形になるようにします。切込みを境に両端をそれぞれ縫い、軽く引き絞って形作り、二枚作って重ねて接着します。

花芯は茶色のフエルトを1センチ×3センチくらいに切り、切込みを入れて丸くし、真ん中に緑のポンポンを着けます。茶色の花芯の大きさは目安なので、花の大きさに合わせて調節して下さい。

  • 7
  • 0
  • 0

おさる

はじめまして。閲覧ありがとうございます。フエルト、リボン細工、レース等で作った草花を季節ごとに載せていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内