0(ゼロ)からのプラモデル入門

―プラモデルを始めてみたいけど、どうしたらいいか分からないひとのために―

〇最低限必要な工具(簡単なキットならこれで作れます)
  • ニッパー
    ランナー(枝状の枠)から部品を切り離すときに使います。セリアで模型用のものが売られていますが、試したところ切れ味がかなり悪いです。模型店や量販店で専用のニッパー(500円~)を購入するのがオススメです。

ケロロニッパー – ゴッドハンド公式ウェブサイト

  • ピンセット
    細かい部品をつかんだり、シールを貼るときに使います。今は100均でも使えるものが売られています。オススメはセリアのこの商品です。

 〇あると便利な道具
  • やすり
    ランナーの切り残した部分を削ったりする時に使います。セリアでスティックやすりが売られています。もしくは紙やすりを使います。プラスチックなら形を整えるのに400番、やすりの傷を綺麗にするのに600番、800番を使います。数字が大きいほど目が細かいです。紙やすりをたくさん使うようになったら、ホームセンターでA4サイズのものを購入するのがお得です。

  • アートナイフ(デザインナイフ)
    ランナーの切り残した部分を切り取ったり、余計なでっぱりを切り取ったりできます。100均でも売られていますが、切れ味が悪いとケガをしますので、オルファの製品がオススメです。

  • カッターマット
    机などのキズ・汚れ防止になります。100均のもので充分です。

〇場合によって必要な道具
  • 接着剤
    塗ってから貼り合わせるタイプと、部品を組み合わせてからすき間に流し込むタイプがあります。それぞれ適した場所がありますので使い分けましょう。合わせ目を消す場合、充分乾燥させるのに1日程度必要ですので段取りを考えて工程を進めていきましょう。

〇作り始める前に
  • 説明書はじっくり読みましょう。慣れないうちは順番通りに組み立てていくのがオススメです。
  • 箱の中身を確認しましょう。何か足りなかったり、破損していた場合は購入した店舗やメーカーなどに問い合わせる必要があります。

〇切る
  • 部品とランナーの間(ゲートと呼びます)を説明書の順番通りに切り離していきます。間違えて部品を切ってしまわないように、落ち着いて作業しましょう。また、ゲートの切り残しがあると部品同士がうまくはまらなくなる原因になります。丁寧に切り落としましょう。

〇組み立てる
  • 説明書の順番通りに組み立てていきましょう。事前にパーツとパーツの間に挟み込む部品があったりもしますので、説明書はよく確認しましょう。キットによっては一度はめ込むと中々外せなくなっていますので注意しましょう。(パーツオープナーという工具を使えば外せます)
  • 組みあがったら、場合によってはシールが付属していることもありますので、気になったら貼ってみましょう。細かい部分にはピンセットがあるとシールの粘着力も落とさずに貼れます。

〇完成したら
  • 記念写真を撮ってみましょう。箱絵などを参考にポーズやアングルを決めてみるのも良いかもしれません。自然光の入る明るい所で撮影すると、色合い、特に赤色がきれいに出ます。

〇おわりに

プラモデルは説明書を読み、手を動かして作業するので読解力と空間認識力の向上、作業療法としての効果もあるという論文も出ています。そして、完成した時の達成感も得られるのでぜひ挑戦してみてください。最初は上手く作れないかもしれませんが、数を重ねるとコツや失敗した時の修正方法が身についてきます。自分のペースで楽しみながら作ってみてください。

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • 4
  • 0
  • 4

Laffey(ラフェィ)

色々な物・もの・モノを作って記事にしています

作者のページを見る

関連記事

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内