【初心者向け】Fusion360でペンギンのイラストからフィギュアを作ろう その1

Autodesk社の3D CAD「Fusion360」には、「フォーム(旧 スカルプト)」と呼ばれるユニークな機能があります。 今回はその機能を使って、ペンギンのイラストからフィギュアを作ってみましょう。

作成する形状は上の図のようになります。それでは進めていきましょう。

3Dモデルはこちらになります。https://a360.co/2LrJkQq

1.ボディのもとになる球体を置き、基準にするイラストを挿入します

ツールバーから「フォームを作成」をクリックします。すると、ツールバーがフォーム用のものに切り替わりますので、 そこから「クワッドボール」を選択します。

すると、基準にする平面と中心点を聞かれますので、XY平面を選択、原点を中心点にします。

今回はストラップチャームのような小さい物を想定していますので、直径を20mmにします。
また、今のままでは面の数が少ないので「スパンの数」を「4」に、左右対称に作業を行いたいので「対称」は「ミラー」を選択、「長さの対称性」にチェックを入れます。

次に、元になるイラストを挿入します。XZ平面を選択して画像を挿入し、正面からのビューに切り替えて大きさを整えます。目安としては球体の下端とペンギンの下端を揃えます。
また、画像の中心と球体の中心がずれていることもありますので、ここで揃えておきます。

2.正面からの見た目を整えます

まず、正面から見たときに頭頂部の高さが足りないので、上の4面を選択します。
「ミラー」が有効になっていますので、選択するのは右側の2面(青くなっている部分)で大丈夫です。

正面からのビューに戻し、マウスの右クリックで「フォームを編集」を選択します。そして上矢印を選んで面を上に引っ張り、後ろのイラストに揃えます。

次に、横幅が広いので真横の2面を選択し、フォームを編集で横幅を狭めます。

続いて、下のほうを整えていきます。ペンギンの羽の下の2辺を選択し、正面からのビューに戻してフォームを編集でイラストに合わせます。

同様に、その下の2辺を選択、正面から見て形を整えます。

これで正面からの作業は完了です。

3.頂点を整えます

横から見た形状を整える前に、表示モードを「ボックス」にしてみましょう。
Windowsはキーボードの「Alt+1」、Macは「Ctrl+1」で変更できます。
元のスムース表示に戻すには「Alt+3」、「Ctrl+3」で戻ります。

目の上の頂点と、お腹のあたりの頂点が内側に食い込んでいるので、両方を選択してフォームを編集で辺が1列に並ぶように頂点を移動します。
こうすることで後の修正を容易にし、面や辺が交差してエラーを出すことを予防できます。

裏側も同様に、頂点を整えます。向かって右側を基準にしていますので、後ろから見た場合は向かって左側を操作します。

次に、右側面から見て頂点を整えます。それぞれXY平面、XZ平面に対して食い込んでいる頂点を、1列に並ぶようにします。

まずは上側の2箇所の頂点を水平に整えます。

次に下側の2箇所の頂点を水平に整えます。

さらに向かって左側の頂点を垂直に整えます。

そして反対側も同様に調整します。

以上で頂点が整いました。さらに少し、後工程をやりやすくするために微調整をします。

正面から見て目の辺りをくぼませたいため、辺が目の近くに来るようにします。
任意の1辺をダブルクリックすると1周選択することができます。

そのまま「フォームを編集」で目の近くまで移動します。

側面から見た形状はつぶれたようになるので、あらかじめここで辺を移動させておきます。中心から2番目の任意の辺をダブルクリックして1周選択し、「フォームを編集」で中心側に移動します。

反対側の辺も同様に移動します。

先ほどの作業で頭の頂点付近がずれてしまいましたので修正します。

頭の上の2辺を選択し、正面からのビューにして下絵に合わせます。

下側もやや内側に引き上げられていますので、同様に修正します。
次は側面からの見た目を整えていきます。

【その2に続きます】

  • 1
  • 0
  • 0
Laffey(ラフェィ)

Laffey(ラフェィ)

ものづくりが好きで、模型が趣味です。3D CADで模型を作ったりもします。 3DCGソフトも勉強中で、主に3D関連の記事を投稿したいと思います。

作者のページを見る

この記事も読まれています