【初心者向け】Fusion360でペンギンのイラストからフィギュアを作ろう その3

6.目やくちばしを作ります

ボディを非表示にします。

下絵の入っているXZ平面を選択し、スケッチを作成でお腹の白い部分をスプライン曲線でなぞります。

次に、くちばしを4面体で作成します。
まず、原点から垂直に補助線を、くちばしの下の辺を実線で引きます。 くちばしの斜めの線を補助線で引き、0.5mm外側にオフセットして実線を引きます。

先ほど引いた斜めの実線を、原点からの垂線を中心にミラーで反転複製します。

各辺を延長して、三角形を描画します。

次に、くちばしの突出部を作図します。
「構築」から「パスに沿った平面」を選択し、三角形の底辺の中点に、辺と直行した作業平面を構築します。

今作成した平面を選択し、スケッチを作成します。

現状では下絵の平面に作図した三角形の頂点にスナップできませんので、「プロジェクトを投影」で 三角形の斜辺を選択し、今アクティブになっている作業平面に頂点の位置を投影します。

投影された直線をもとに、下の点(原点)から水平線を1mm引きます。そして、
2つの直線の端点を斜めの直線で結び、三角形を作図します。

次に、4面体の底面になる部分を作成します。
「構築」から「2つのエッジを通過する平面」を選択します。 これまで作成した2つの三角形のそれぞれの底辺を選択し、作業平面を構築します。

先ほどと同様に、2つの三角形のそれぞれの底辺を、現在の作業平面に投影します。

これまで作成した面、辺を元に4面体を作成します。

「基準フィーチャサーフェス」から「パッチを作成」を選択し、3つの三角形の斜辺を選択します。 この時、「グループエッジ」のチェックは外しておきます。

反対側も同様に面を作成します。

今作成した面、暗い黄色になっていますが、実はこれは裏側なので表面が外側になるように直します。 面には表と裏があり、CGで扱う場合にはあまり問題にならないのですが、CADではうまく立体が 作成できずエラーになってしまいます。
「修正」から「法線を反転」をクリックし、暗い黄色になっている面(裏面)を選択し裏返します。

2つの面が濃いグレーになっていれば問題ありません。

下絵のあった面と4面体の底面の三角形を選択し、「パッチを作成」で面を作成します。 こちらも2つの面が濃いグレー(表面)になっていることを確認します。

4つの面が作成出来たら、それぞれをつないで立体(中身の詰まった状態)にします。

「修正」から「ステッチ」をクリックし、4つの面を選択します。 隣り合う辺が全て緑色になっていれば「OK」をクリックします。
これで立体(ソリッドボディ)になりました。

次に目を作成します。メニューの「作成」から「球」を選択します。

下絵のペンギンの目の中心辺りを選択し、直径は3mmにします。

反対側の目は、今作成した球を反転複製します。
「作成」から「ミラー」をクリックし、複製したい球体を選択します。 対象面にYZ平面の原点を選択します。

球体が複製されました。

ボディを表示して、今作成した球体(目)を移動します。

2つの球体を選択し、表面が少し出るくらいまでY方向に移動します。

角度を色々変えてみて、かわいらしく見える感じに微調整します。

同様に、くちばしも移動します。目安としては0.5mm突出するくらいです。

次に、おなかの部分を分割していきます。

分割するボディに身体を選択、分割ツールにおなかのスプライン曲線を選択し、分割します。

次に、分割したおなかをXZ平面で分割します。

そして、分割した後ろ側は体側に結合します。

各部分ごとに色を付けたら完成です。くわしくはこちらの記事をごらんください。
【初心者向け】Fusion360でペンギンのイラストからキーホルダーを作ろう その2 https://no-value.jp/other/2049/

  • 1
  • 0
  • 0
Laffey(ラフェィ)

Laffey(ラフェィ)

ものづくりが好きで、模型が趣味です。3D CADで模型を作ったりもします。 3DCGソフトも勉強中で、主に3D関連の記事を投稿したいと思います。

作者のページを見る

この記事も読まれています