Scratch(スクラッチ)で自立対戦型のプログラムを作ってみました

以前のScratchに関する記事はこちらです。

今回はキャラクターをプログラムで動かして、ボールの当て合いをする対戦ゲームのようなものを作ってみました。まずは動画をご覧ください。

このプログラムを作ろうと思ったきっかけは、遊んでいたソーシャルゲームをオートで動作させると妙な動きをすることが多かったので、もう少しスマートに出来ないかと思い挑戦してみました。なかなか思うようには動きませんでしたが、Scratchで出来る範囲としては満足しています。

それではプログラムの概要を説明いたします。
まず相手の方を向き進んでいきます。ある程度の距離(射程圏内)になったらボールを投げます。相手からボールが飛んできた場合はよけます。相手にボールが当たったら10点加算し、200点先取で勝敗を宣言しプログラムを止めます。

ではプログラムを見ていきましょう。
今回用意したスプライトはキャラクターA、Bとそれぞれから発射される各ボールの計4つです。
ボールをよけるのにそれぞれ座標を取得する必要があるため、各スプライトごとにX、Yで合計8つの変数を設定しそれぞれ座標を代入しました。
キャラクター自身と向かってくるボールのX軸、Y軸の差を比較し、差の少ない当たりやすい軸側をよけるようにしました。また、相手に近づきすぎた場合はある程度距離を取るようにしました。そうしないとお互いに重なったままになってしまいます。
それから、ボールのプログラムで得点を管理し、200点先取したほうが「I won!」、負けた場合は「I lost」と表示するようにしました。
実際に組んだものは以下になります。

キャラクターA
キャラクターB
ボールA
ボールB

完成したゲームはこちらです。https://www.dropbox.com/s/jmbongf27iqo1wd/%E5%AF%BE%E6%88%A601.sb3?dl=0
Dropboxにはログインしなくてもダウンロード可能です。

一旦パソコンにダウンロードして任意の場所に保存し、Scratch(スクラッチ)のホームページの「作る」から「ファイル」→「コンピュータから読み込む」でダウンロードしたファイルを選択します。
緑色の旗を押すとゲームが始まります。チュートリアルは×印で閉じてしまって大丈夫です。

  • 1
  • 0
  • 0

Laffey(ラフェィ)

色々な物・もの・モノを作って記事にしています

作者のページを見る

関連記事

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内