黒いコートの彼

朝、 いつもの電車の2番線ホーム着の3両目。

私は就労施設に通う為に毎日、同じ電車に乗る。

ふと、車輛の端を見ると、黒いコートを着て左手には小難しそうな本を開いているサラリーマンを見つけた。

右手にはお弁当袋を提げていた。

私はすかさず左手の薬指を見た。

「無い・・・。」

そう、彼の指には結婚指輪が有りませんでした。

私は小さくガッツポーズをしていました。

お弁当はお母さんの手作りか?いや、もしかすると彼が自分で作ったのかもしれない。

いろいろな妄想をしながら、数十分の時を過ごす。

 2・3週間すると、ぱったり、彼が電車に乗らなくなった。

「どうしたんだろう?車両を変えた?通勤時間を変えた?」

それから1週間、彼の姿を見る事は無かった。

私は後、1週間で就労施設に通う事が終わってしまう。

「このまま会わずにサヨナラかもしれない。」

そう思いながら私は最後の日を迎えた。

 私はいつもの時間、いつもの電車、いつもの車両に乗っていた。

諦めの気分で車内を見ると、同じ場所に彼は居た。

いつものように小難しい本を読み、弁当袋を提げていた。

一つ違っていたのは彼の指に指輪が光っていたこと・・・。

「そうか・・・。」

それを見た私は全てが分かったような気がした。

「今まで、ありがとうイケメン君。キミのお蔭で最後まで就労施設に通う事が出来たよ。」

私は心の中でそう思いながら、スマホに目を落とすのだった。

  • 7
  • 2
  • 0

なないろびと

水彩画からデジタル画まで、なんでも、まず、やってみるのが私流です。 色々な文体にも挑戦しようと思います。 今年も皆様の幸せを願って、作品作りをしていきたいと思っています。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内