推理小説『シャーロック・ホームズ』の紹介です。

原作 コナン・ドイル

初登場 『緋色の研究』(1887年)

挿絵  シドニー・パジェット

ホームズを演じた俳優・・・たくさんいますが、

『ジェレミーブレッド』が有名です。

【ホームズについて】

本名・・・シャーロック・ホームズ
家族・・・兄のマイクロフト・ホームズがいます。
身長・・・6フィート(183cm)
容貌・・・痩身、とがった鼻、突き出た顎が目立つ

トレンチコート・・・作中で着用した記述は無く、

挿絵のシドニー・パジェットのイラストのみ

相棒・・・ジョン・H・ワトスン

住居・・・ロンドンのベーカー街221Bにて、

ワトスンと同居している。

ライバル・・・ジェームズ・モリアーティ教授

【推理小説が趣味です】

私は、赤川次郎さんから始まって、推理小説を読むのが趣味です。

推理小説家の考える、トリックと犯人との駆け引きはとても面白いです。

数ある中から、まずは『シャーロック・ホームズ』を紹介したいと思います。

翻訳によって、登場人物の名前など表現に若干の違いがあります。

ご了承下さい。

≪おススメのお話の紹介≫

【ボヘミアの醜聞について】

〇ホームズが、唯一『負けた』事件になります。

〇依頼主は、『ボヘミア国王』

〇ボヘミア国王から、5年前に交際していた『アイリーン・アドラー』とのツーショット写真を取り返して欲しいと依頼されます。

〇ホームズは、変装し策を練って、写真の隠し場所を見つけます。

〇翌日に、写真を取り返そうと、変装をといて、

ワトスンと22 1Bのアパートへ帰ります。

●アパートの前で、「おやすみなさい、ホームズさん」と通行人に声をかけられます。

●こちらの通行人は、Wikipediaでは『青年』になっていますが、ドラマでは老婆などになっている場合もあります。

〇翌日、アイリーンの家を尋ねると、中はもぬけの殻。

〇前日の、声を掛けてきた通行人は、アイリーンの『変装』でした。

●アイリーンに敗北する前までは、女性を低くみていたホームズですが、

 この事件以降、そういう発言はなくなったそうです。

【バスカヴィル家の犬】

これも、好きな作品の1つです。長編になります。

〇魔犬の伝説が残る、バスカヴィル家が舞台になります。

〇ホームズは用事がある、と言って、ワトスンだけ先に現地に行きます。

〇ワトスンは、その人柄から、誰にも怪しまれずに現地に溶け込んでいきます。

〇調べた事を、逐一、ホームズへ手紙を書いて知らせていました。

〇ところが、実はホームズも最初から現地に来ていたのです。

 ワトスンは「自分の手紙は無駄だったのか」と落胆しますが、

 ホームズは、目立つ自分と違って、溶け込める人柄のワトスンだから出来た事、と言います。

●この話は、時系列があやふな状態らしく、普通に考えると、

 この話の年度では、ワトスンは結婚しており、ホームズと同居していないらしいです。

 まぁ、細かい事は気にしない方がいいでしょう。

〇魔犬は登場しますが、普通の犬の口に『リン』が塗ってあり、それが発光して、【炎を吐く魔犬】と言われていたとの事です。

●この話で、面白いのは、前半、ホームズのために、せっせっと調査しては、手紙で報告する、ワトスンでしょうか?

 田舎の人間関係になんなく、溶け込んでいくワトスンもなかなかのものです。

●ホームズは、最初とラストにしか登場しませんが、

ワトスンの手紙のおかげで、

 依頼者の事件に関わる人達の、

人間関係が「把握できた」と言っています。

≪おススメTVドラマ≫

【シャーロックホームズの冒険】

制作・・・英国グラナダ社

日本での放送・・・NHK

シャーロック・ホームズ・・・ジェレミー・ブレッド

ジョン・H・ワトスン・・・デビッド・バーグ

/エドワード・ハードウィック

〇原作に忠実に作られている作品です。

〇ジェレミーは、ハマり役です。

〇たまに、NHKで放送しています。とても出来が良いので、おススメです。

〇ジェームズ・モリアーティ教授は、『赤毛同盟』と『最後の事件』に登場します。

  • 3
  • 0
  • 0

るぅふぁす

初めまして、閲覧ありがとうございます。 短シッポのキジトラ猫が好みの猫好きです。 猫パンチをしない猫も好きです。 何かと猫を絡めて話してしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内