人気なスターバックスコーヒー

始めに

今回のコラムはどの世代にも人気なスターバックスコーヒーについて書きたいと思います。

このコラムを読んでよりスタバのことが知れるかもしれません。是非最後までお楽しみください

スターバックスコーヒーの歴史

スターバックスは1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した世界最大のコーヒーチェーン店で、シアトル系コーヒーの元相である米国の企業。

2020年時点で、世界83か国に32,660店舗を展開しており、16,637店舗が直営店、16,023店舗がFC店舗である。繫華街だけでなく駅やオフィスビルや大学の中にも出店しており、あらゆる客層が利用している。

店舗では、ホットドリンクとコールドドリンク、コーヒー豆販売、インスタントコーヒー粉

販売、エスプレッソ、カフェラテ、フルリーティー、ジュース、フラペチーノ飲科、べストリー、スナックを提供している。

コーヒーサイズ

コーヒーのサイズもいろいろあるのでご紹介します。

①ショート、(8us)「オリジナルのうち小さい方」

②トール(12us)「オリジナルで大きい方」

③グランデ(16us)「イタリア語でラージ」

④ベンティ(20us,30us)「イタリア語で20」

⑤トレンタ(30us)「イタリア語で30」

店舗の特徴

①「ソファや落ち着いた照明など長居したくなるインテリア」

②「通りに面したインテリア」

③「店内全面喫煙」

④「フレンドリーな接客」

なども取り入れている。日本進出にも提携した、サザビーによって、ほぼそのまま導入された。いずれも当時の日本の喫茶店とは一線して面した日本ではスターバックスの特徴として挙げられるものである。コンセプトのもと、米国の店舗では長時間の自習やパソコン利用は制限されることなく、WiFi利用も時間制限、接続先制限なしで無料である。日本では客の長居やパソコン利用を制限する店舗が存在する。なお、米国と同様の店舗運営を行っているわけではない。

店舗の由来

店舗の由来は、第一候補だったハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」に登場する捕鯨船ピークォドの名を退け、副長の人名であるスターバックー等航海士とシアトル近くのレーニア山にあったスターボ採石場から探しられた。日本ではスタバとも略される。

コーヒーの香り

スタバに行くと、コーヒーの良い香りがして心が癒されますね。疲れてる時や気持ちが落ち込んでる時にコーヒーの香りは癒しですね。機会のある方は店舗に行ったとき臭いをかいで見てください。

学生にも人気

どの世代にも人気なスターバックス。大人だけではなく、学生にも人気です。学校帰りの学生もいます。中には店内で勉強をしてる人も見かけますね。学生の一部はスタバやカフェなどに多いみたいです。家じゃなくて外で勉強をする方が捗りますね。

店内はわりと静かなので私はオススメです

どのメニューも美味しい

メニューはいろいろあって、迷いますね。コーヒーやフラペチーノ、期間限定の商品もあります。どのメニューも美味しいです。いつも同じ物を飲む人もいればたまには変わった物を飲む人もいると思います。いろいろ試して見るのもいいかもです。期間限定の商品も季節ごとに変わるのでチェックしてみてください。

まとめ

今回のコラムは人気のスターバックスコーヒーを調べてまとめてみました。あまり知らないスターバックスコーヒーの歴史、店名の由来が分かりました。このコラムを読むとスターバックスコーヒーに行きたくなりますね。

  • 3
  • 0
  • 0

桜と空

こんにちは。私は今、看護師になる為の勉強をしています。看護師の勉強は思った以上に大変ですが、頑張ります!

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内