ドナルドダックの誕生秘話

今回は私が1番好きなディズニーキャラクター『ドナルドダック』についてご紹介していきたいと思います!
ディズニーに行くたびにほぼ毎回ぬいぐるみバッチを買って飾ってコレクションしています♪

🍰ドナルド誕生🍰

➡1934年6月9日に『かしこいメンドリ』に初登場し、デビューしました。

ここからは、かしこいメンドリの一部を抜粋してご紹介します!

めんどりから畑仕事の手伝いを頼まれたドナルドはお腹が痛くて無理だよと仮病を使おうとしましたが、収穫後にトウモロコシを食べるの手伝ってくれる?と誘われて、態度を変えたドナルドでしたが、分け与えられたのは腹痛の薬でした。

この作品で、最後にしっぺ返しをくらうお調子者のアヒルというイメージが強烈についたんだそうです。

ちなみに・・・この当時のドナルドは、小さな頭に大きなくちばしで細長い首や手足というようなアヒルらしさが協調された見た目をしていました!

ドナルドの本名

➡『ドナルド・フォントルロイ・ダック』といいます。

みんなが呼んでいる、ドナルドダックという名前はフルネームではありません!
ディズニーキャラクターの中では珍しく、ミドルネームがあるキャラクターなのです。

いくらドナルドが推しでも本名では長くて呼んだことはありません(笑)

ドナルドの性格

ドナルドはとにかく自分大好きで、いつも自分が1番でいたいと思っています。
もう1つは、喜怒哀楽がとんでもなく分かりやすく、嬉しいことがあると思いっきりはしゃいで、腹立つことがあると思いっきり怒ります。

こういうところも憎めなくて大好きなポイントです!
なんだかんだいってデイジーや仲間たち、たくさんのファンから愛されています!

なんの仕事をしている?

ミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちは、みんな映画俳優として色々な作品に出演してきました。

ちなみに・・・ドナルドは映画の出演本数が№1なのです!

かしこいメンドリでデビューした後、しばらくミッキーの主演映画に出演していました。
タイトルに『ドナルドの○○』というような名前が入った映画でもミッキーの映画シリーズの1つとして公開されていました。

ついに、1937年にドナルドの映画シリーズが公開されることになったのです!
それが…ドナルドの駅長さんという映画です。

公開以降、ドナルドの映画は年間5~8本ペースで公開されていきました。

ここでミッキーと比較してみましょう!

ミッキーマウス120本以上出演
ドナルドダック170本以上出演

デビュー作ではサブキャラだったのに、結果としてミッキー&フレンズに欠かせないキャラクターになりました。

ドナルドが出演した作品集

公開年作品名解説
1934年かしこいメンドリスクリーンデビュー✨
ミッキーの芝居見物ミッキー,グーフィー➡共演
1935年ミッキーのアイス・スケートミニー,プルート➡共演
1937年ドナルドのメキシカン・ドライブデイジー➡初共演
ドナルドの駅長さんドナルドシリーズ➡1作目
1942年ラテン・アメリカの旅ホセ・キャリオカ➡初共演
1943年総統の顔アカデミー賞受賞
1944年三人の騎士パンチート➡初共演

東京ディズニーリゾートで会える場所

東京ディズニーランドとシーには、ドナルドに必ず会えるグリーティング施設があるのでご紹介していきたいと思います!
※( グリーティング施設 )誕生日当日はかなり混むので待ち時間が100分超えることも…

【東京ディズニーランド】

タイプ実施場所コスチューム
グリーティング施設ウッドチャック・グリーティングトレイルボーイスカウト風
フリーグリーティング
(当日決定)
ワールドバザール
トゥーンタウン
ノーマル
水色&黄色のTシャツ

【東京ディズニーシー】

タイプ実施場所コスチューム
グリーティング施設ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル探検隊
フリーグリーティング
(当日決定)
メディテレーニアンハーバー(エントランス付近)
アメリカンウォーターフロント(ニューヨークエリア)
オーバー・ザ・ウェイブ
水色のハット&ジレ

最後に

ドナルドは私が小学校高学年くらいからハマったキャラクターで、そこからぬいぐるみバッチを集め始めました。
今では自分の部屋の壁の一部がドナルドに占拠されています(笑)
もっともっと集めてぎゅうぎゅうに飾るのが夢です♪

  • 0
  • 0
  • 0

まこどなるど

イラストを描くこととメイクをすることとディズニーが好きです

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内