【スポーツの秋➀】夢に込めた想い

グラウンドに落ちた野球のボールに差し伸べる誰かの手。そこには、今まで培ってきた沢山の日々が詰まっている。夢にときめき、明日に煌めく。それが野球である。

皆さんこんにちは。今の時期は「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」といったテーマがてんこ盛りですが、今回は「スポーツの秋」にちなんで野球をご紹介したいと思います。

さて、数多く存在するスポーツの中で誰もが存じ上げている野球は、どこにでもあるイメージが強いですよね。色んなきっかけで「プロ野球選手になりたい」「メジャーになりたい」という夢を志すようになった人達もおり、野球クラブに入る事を志願する事も少なくありません。汗と涙を流し、勝利と敗北を交互に繰り返しながらも、周囲に支えられて少しずつ成長していくのが、一人一人のドラマの原点です。小学校を卒業してからは、中学校生活という名の新しい人生の扉をノックする事になりますが、それぞれの志す夢は変わらず、野球部に所属します。顧問の先生やチームメイト達とのチームワークで毎日練習を積み重ね、中総体は勿論、県大会や新人大会といったあらゆるスポーツイベントに向けても一生懸命頑張ります。高校に進学しても今まで培ってきた戦いの思い出を忘れず、引き続き野球部として活動する事を選びますが、これは「夢」を志し、「心絵」を描く彼らの本当の戦いの始まりでもあるのです。甲子園出場など、数々の野球イベントを通して強くなった彼らはやがて大人になり、野球チームに入って夢の舞台に駆け上がる為の新たな戦いに身を投じるのでした。

夢にときめき続ける為に。そして明日に煌めき続ける為に…。

  • 2
  • 2
  • 1
アバター

Ω・D・BUILD

東北出身の期待の新人。主にパソコンのペイントアプリで制作しておりますが、たまに手描きで描く事もございます。趣味はイラスト、お絵描き、漫画鑑賞、テレビゲーム、アプリゲーム。憧れの漫画家およびイラストレーターはゆでたまご先生、鳥山明先生、尾田栄一郎先生、荒木飛呂彦先生、あかつきひなさんです。よろしくお願いします。

作者のページを見る

この記事も読まれています