【学園祭シーズン】青春の一大イベント 友との絆

学園祭なう。高校で開催された学園祭の中、同級生の女子高生と手を繋ぎ、校内に掲示されている思い出の記事を見て回ったり、模擬店も巡る。これを機に、女子高生との友情はより一層深まっていった。

皆さんこんにちは。本日から10月になりましたね。これからが秋の本番です。「スポーツの秋」「食欲の秋」など、あらゆるお楽しみが特盛の季節はまだ始まったばかりです。今回は学園祭についてご紹介したいと思います。

学園祭とは、毎年の秋恒例の一大イベントであり、皆の青春を彩るお祭りでもあります。また、文化祭とも呼ばれていますが、支援学校などでは「〇〇〇〇(支援学校の名前)祭」と呼ばれております。学校によっては、一日のうちに合唱コンクールと学園祭を同時に開催する場所もあります。学園祭には、タコ焼きやタピオカドリンクなどを販売する模擬店が我々をもてなしてくださる他、修学旅行の記事など、学年ごとの思い出の記事も校内に掲示されているのです。特に見どころ満載なのは、吹奏楽部のオープニングセレモニーや英語のスピーチ、トークショー、ダンス、コンテスト、学習発表会(劇、コント、漫才他)などといった数多くの出し物です。一方支援学校では、学部ごとの学習発表会や作業グループごとの商売など、他の学校には無い出し物が魅力的となっており、色々な障害を持った人達の可能性を示すまさに希望溢れるイベントにもなっております。

今年は通常通りの開催は難しいですが、決して絆を諦めない情熱は変わらず、オンラインを活用しながら学園祭を皆で楽しむという事が、新しい生活様式になったのかもしれません。

  • 2
  • 1
  • 1
アバター

Ω・D・BUILD

東北出身の期待の新人。主にパソコンのペイントアプリで制作しておりますが、たまに手描きで描く事もございます。趣味はイラスト、お絵描き、漫画鑑賞、テレビゲーム、アプリゲーム。憧れの漫画家およびイラストレーターはゆでたまご先生、鳥山明先生、尾田栄一郎先生、荒木飛呂彦先生、あかつきひなさんです。よろしくお願いします。

作者のページを見る

この記事も読まれています