『天気の子』を鑑賞しての感想です。

原作・脚本・監督: 新海誠

キャラクターデザイン: 田中将賀

【前日】

2019年7月19日に公開されました。

前日には、『京都アニメーション』の放火事件がありました。

公開日も『仏滅』と、なんとも印象的なスタートとなりました。

【舞台挨拶】

私は『7月31日』にあった、舞台挨拶の回に見に行きました。

席は満席でした。

【ストーリーは?】

内容は『100%晴れ女』という都市伝説から始まります。

というのも、なぜか東京は雨続きの異常気象が続いているという設定です。

主人公の『帆高』は離島から東京に家出してくるのですが、

その理由については語られていません。

なんとか東京での落ち着き先も決まり、記事のネタを探している時に

『陽菜』という女の子と出会います。

陽菜は自分の事を『100%の晴れ女』だと言います。

帆高と陽菜、そして弟の凪とインターネットを使って、

「必ず晴れにします」

というアルバイトを始めます。

アルバイトは順調に進みますが、子供だけで暮らしている陽菜と凪は、

児童相談所へバラバラに入ることになります。2人は逃げ出してしまいます。

なんとか大人達を振り切る事に成功しますが、翌日から、

陽菜の姿が消えてしまいます。

【東京の夏の太陽】

その日から、雨がピタリと止んで東京は元の暑い夏に戻ります。

帆高は『人柱』という伝説を思い出して、大人達の元を再度振り切って、

陽菜のいる、陽菜が『晴れ女』になった神社へ向かいます。

【陽菜との再会】

無事に陽菜と再会しますが、

陽菜は「私が戻ると、天気がまた・・」と気にします。

帆高は「天気なんて狂ったままでいい!」と言います。

そうして、陽菜が現世に戻った途端、東京は再び雨になります。

今度は止まない雨になります。

【3年後】

離島の実家に戻された帆高は、高校卒業を期に東京へ向います。

東京でお世話になった事務所へ顔をだすと、子猫だった「アメ」が、

すっかり成長していました。

東京が雨続きで、所々、水没している事を気にすると、

「人柱なんて、あるわけないだろう」と一蹴されます。

しかし、帆高は、再会した陽菜を見て、

「僕たちは、世界の形を変えてしまった」と確信するのでした。

【舞台挨拶では?】

新海誠監督と、帆高役の醍醐虎汰朗さん、陽菜役の森七菜さんが登壇しました。

アフレコは、新海誠監督が全て吹き込んだものを元にして、行ったそうです。
新海監督の生アフレコもありました。

新海監督は、以前『言の葉の庭』という作品でも舞台挨拶をココでしたことがあるそうです。

「来ていた人いますか?」と問いかけると、何人かが手を挙げていて、監督も驚いていました。

また「この作品のラストは、賛否両論かもしれない」と話していました。

他に質問コーナーもあり、結構、時間は長かったです。

【特別出演?】

実は、天気の子には前作の『君の名は。』のキャラクターも出演しています。

一番分かりやすいのは『瀧くん』です。帆高と共演します。

三葉は、東京に出てきた後の姿で出演するので、分かりにくいかもしれません。

ネームプレートに注意して下さい。

他のキャラクターもいます。成長した四葉が見れます。

【感想】

私としては『天気の子』の方が見やすかったです。夏の景色や雰囲気など

とても良かったです。

話もこちらの方が素直で分かりやすいでしょう。

  • 0
  • 0
  • 0
るぅふぁす

るぅふぁす

初めまして、閲覧ありがとうございます。 短シッポのキジトラ猫が好みの猫好きです。 猫パンチをしない猫も好きです。 何かと猫を絡めて話してしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内