雨の日にはチェリーパイ 2

次の雨の日には神田が来ることは無かった。

「あれは社交辞令か・・・。」

本気にしてしまった自分が情けなかった。

「確かに一人で食べるチェリーパイはちょっといつもより、美味しく無いや。」

二人で食べる事の意味を噛みしめる優日でした。

「日常に戻っただけだものね。」

そう、自分に言い聞かせていました。

 それから、1カ月、カンカン照りが続き、優日が次にカフェに行く日は伸びて行った。

再び優日がカフェに行った日は嵐で、外を歩くのもおっくうな日だった。

「もう、何ていう日なの?」

傘も風に持って行かれる様な暴風雨だった。

いつものように、注文した優日は席に着くとびしょぬれの髪を拭き、冷え切った身体をココアで温めていた。

その時、雨の中を猛ダッシュで走って来る人影があった。

神田であった。

優日の姿を見つけると

「優日さん、今日はチェリーパイじゃないんですか?」

「あ、体が冷えて。」

まさか、一人で食べるチェリーパイが美味しく無くなったからとは言えなかった。

「今中間テストで、ここ1カ月忙しくて来れません出した。」

「ああ、先生ですもんね。」

「今日は悪天候で、臨時休校になったので行くしかないなと。」

「はぁ、そんなに無理しなくても・・・。」

「優日さんに約束を破ったなんて思って欲しくなかったから。」

確かに、約束を破られたと思っていた。

「そんなことないですよ。お仕事忙しそうだし・・・。」

ちょっと、優日はウソをついた。

そんなにこだわることは無いのになぁと思った。

  • 5
  • 0
  • 0

なないろびと

水彩画中心に絵を描いています。 他のクリエイターさんたちとのコラボに挑戦しています。 先ずはやってみることが、私流です。 少しでも、みなさんに幸せを届けられますように・・・。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内