雨の日にはチェリーパイ 4

「ちょっと、時間くれる?」

そう言いだしたのは優日の方だった。

「いいよ、これから、丁度、期末テストで忙しくなる事だし、1ヶ月後で良いかなぁ?」

「それでいいです。」

「分かった。早く知りたいところだけど、今は我慢をするよ。」

「ありがとう。」

こうして二人の間に長い様な、短い様な時間が流れた。

 期末テストが終わった翌週、二人はいつものカフェで会った。

「実は神田さんに話さなきゃいけないことがあります。」

「はい。」

「私は昔、親の愛情に飢えていて、非行に走り『夕日の走り屋』と呼ばれていました。」

「そんな事か。」

「えっ?」

「知ってたよ。だって、俺、隣町の『雷の神田』だもん。」

「えっ?あの?」

「そう、俺、更生してから、大検取って教職免許取ったの。」

「えっ、えっ、えっ?」

「早く俺の正体言えば良かったね。」

「同じ人にはとても見えなかった。」

「そうだよな。当時の俺は尖っていたし・・・。」

「驚いた。」

「渡邊先生なんだ。隣町の荒くれ者なのに、こんな俺とちゃんと話してくれた大人は。」

「へー。」

「偶然だった。緑が丘の不良と喧嘩になって、止めに来た渡邊先生に殴られたんだ。」

「あーやりそう。」

「ハッキリ言って、隣町の先生がなんで、殴るんだと思ったよ。だけどさ、渡邊先生、俺を殴りながら泣いているんだよ。普通、泣けるかな?他人の為に・・・。それから、なんとなく、顔を見ると「元気か?」とか言われて、この人にだったら自分の事を話して良いかなぁと思って。」

「同じだ。うちは母子家庭で離婚するまで、両親は毎日、喧嘩をしていた。家にいる事が嫌で外に出歩いてばかりいたら、悪い仲間に誘われて。そうしたら、渡邊先生に殴られて「両親がどうあれ、自分の人生は自分だけのものだ。自分を大切にしろ。」って熱く語って。「ああ、他人でもこんなに自分のこと心配してくれる人がいるんだなぁ。」と思ったんだ。」

「お互い渡邊先生には頭が上がらないね?」

「そうだね。」

「今度、渡邊先生を訪ねて行っても良い?」

「そうだね。挨拶にでも行くか?」

「挨拶?」

「結婚の挨拶。」

「結婚?」

「嫌?」

「嫌じゃないよ。でも、今のプロポーズ?」

「分かりづらいか?優日さん俺と結婚してください。」

「はい。よろこんでお受けいたします。」

「雨の日の結婚式だけは避けたいなぁ。」

「あはは。良いんじゃない?雨上がりには虹が出るよ。」

「そうか。」

「そうよ。」

二人の世界にはいつも虹が出ているのでしょう。

おわり

  • 6
  • 0
  • 0

なないろびと

水彩画中心に絵を描いています。 他のクリエイターさんたちとのコラボに挑戦しています。 先ずはやってみることが、私流です。 少しでも、みなさんに幸せを届けられますように・・・。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内