走る君を見ていた

「ねえ?時間、計ってくれない?」

「あっ!はい。」

「リレーの選手に選ばれたから、1分切りたいんだよね。」

そう言ってキミはストップウオッチを私に預けた。

私は宝物を預かったように大事に両手で受け取った。

トラックを1周して戻ってきたキミは言った。

「何秒だった?」

「えーと、1分5秒ですね。」

「えーっ!あと5秒かー?」

残念そうに汗を拭うキミ。

「もう1回計って!今度こそ切ってやるぞ。」

  あの時、キミは1分切ったら、私に告白しようとしていたことを後で知った。

「懐かしいね?」

「ホントに青春だったね?」

 それから、40年後の今、あの時のキミと違う君を見ている。

私は君が走る姿を見ている。

もう、時間など気にならない。

二人の間に流れる時間は早くもなく、遅くもなく、ちょうどいい。

慌てず、急がず、時には立ち止まり、走れなくなった私を待ってくれる。

そんな君と出会い、一緒に過ごし、手を繋ぎ、笑って生きたい。

永遠に・・・。

  • 4
  • 0
  • 0

なないろびと

水彩画中心に絵を描いています。 他のクリエイターさんたちとのコラボに挑戦しています。 先ずはやってみることが、私流です。 少しでも、みなさんに幸せを届けられますように・・・。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内