【別創作/さんかく】『△』

約半年振りとなる本格創作の更新になります。(/・ω・)/

お久々ですHRMです。

今回描いたイラストはいつも描いている創作ではない全く別の世界戦でやや怖めな内容になっています それがこの『△(さんかく)』となります。

あらすじ/ストーリー

図形の世界の頂点である「△」の下層から始まる物語で主人公は「〇」

どういう訳か△の世界に居ました、どんな理由であれ頂点へ目指していく。

…といった感じです、さてさてここからはざっくりですが登場人物ならぬ登場図形たちの紹介に参りたいと思います↓

登場図形たち

【〇】  主人公や一般とされる〇で『人』と呼ばれています、色はピンク色で〇は誰にでも話しかける事が出来ますが〇自体に声はなくただ心で訴えるしかありません、またこの世界では弱い階級の存在である為 △には無視されます。 □の世界の下に〇の世界があります。

【△】  図形の世界で一番偉い階級の さんかく でそのまま『さんかく』と呼ばれています、色は緑と更に地位のある赤色が存在していて図形の世界で一番賢い存在でもあります。△のルールで〇と話す事を禁じられていて もし〇と話した際は×にされてしまいます本当は話す必要はなく〇の心は読めるので何を考えているのかがわかります そのことを踏まえた上で彼らは無視を行います。優しい個体も居ますがバレれば×の世界まで堕とされてしまいます。

【□】  △の世界の下にある□の世界の住民で『シカク』と呼ばれています、色は青色で△の様なルールは特になく〇と話す事が出来ます ある条件を満たす事で△になり《□の住民ではなくなってしまいます》〇より上の世界に居るが地位が高い訳でもなく△の様に特別偉いという訳ではありません。

【五角】  魂が抜けた〇だと言われており『身体』と呼ばれていて肉体そのものなのかもしれない、色は紫色で元に戻りたいと願う者もいれば諦めている個体も多い。

【六角】  五角の世界の下にある世界で『魂/骨/灰/空っぽ』と様々な呼び名がある、身体である五角を取り戻せば〇に戻れると言われているが未だ発見されていない。

【×】  どの図形よりも下に居る最下層の住民?で『死体』と呼ばれている 色は黒色に近く △が〇と会話した事で底まで堕とされた存在や傷つき魂さえなくなった個体も居る、この世界から△の世界に戻る事は不可能とされている。

【◇】  この世界を照らしている『太陽/月』で色は黄色と橙色をしているのが特徴で△がこの『太陽』と『月』を管理をしながら守っているのだとか…? ×の世界にはこの太陽の光は届いておらずとても暗く 側にある月はとても小さく太陽に隠れてしまっている。この二つの存在があるからこの図形の世界は存在出来ている。

この さんかくは やや怖めな内容だと言いましたが先にお伝えしますとこの創作のテーマ/元ネタは〘帰還〙〘復讐〙/〘図形〙となっております、主人公の〇は何を考えていてこの世界でどんな行動を起こすのでしょうか。

このイラストにはお馴染みと化したモールス信号と新たに加わった点字が目立っていると思われます、モールス信号に関しては特に問題はありませんが点字に関しては読まない方が吉かと個人的には思っております(。-`ω-)読むか読まないかは貴方次第ですッ!

今回のイラストのピクセルは754px×725px=546650px でした。お疲れ様です

さて、次の本格創作イラスト更新の話になるのですがかなり先になりそうなんですよね、なので暫くは息抜き作品が続きそうです( ゚Д゚)把握宜しくお願い致します。因みに次回に上がる作品ですが新年2023描き初めのイラストになります。

う~ん、描き初めにしてはとてもとても遅いですねッ‼‼(≧▽≦)

  • 1
  • 0
  • 0

おすすめのタグ

RROD/HRM

自己流の挨拶で〖おはばんちは〗RROD/HRMと申します。 小学生の頃に描いていた物語をリメイクし世界観を広げて沢山のキャラと本編創作である《崩神の世界》を描きながら活動しています、大まかに登場人物と別視点での物語を描いています。 YouTubeやTwitterでも作っているので気になった方はそちらもどうぞ~ 又、こちらでは本編とは世界観の違う《さんかく》という物語を作っていく予定ですので 宜しくお願い致します。 季節や行事に沿ったイラストも稀にですが描いていこうと思っております。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内