【△】 6話・暗闇に続く通路

〔1〕~〔2〕

足止めを諦め見送る3号の背中に続くまたも長い通路へ足を運び奥へ奥へと進む二つの姿、既に疲れている5号はこの状況にほんのりとウンザリとしながらも〇を連れ『2号』と呼ばれる人物のもとへ歩いていく。

5号「はぁ…この世界ってどういう訳か無駄に通路が多いし無駄に長くてキミを【太陽が見える場所】から離すのにも此処の通路の事も含めて面倒くさくなったよ…」

自分の背中についていく〇を振り向き確認しながらそのまま言葉を繋げる。

5号「こんな長ったらしい通路にも理由があるんだろうが俺にはわからないんだけどさ、まぁこの事もついでに2号さんに聞く価値はありそうだなぁ。」

〔3〕

通路を長々と進んでいくと二人の前に大きな扉が見えてくると同時に2号の事を呟いた。

5号「はぁ疲れた やっと扉の前に着いたよ、この先に2号さんがいるよ…いったい何年振りになるんだろうな、もう随分会っていなかったから喜ぶかな」

〔4〕~〔5〕

5号「とにかく2号さんのもとに行こう、まずこの扉を開けないと…。」

扉の前に到着して立ち止まると共に5号は突然《ヴォン》と音を立てて[手]を出現させた、扉に付いたスイッチを出現させた手を使い《カチッ》っと音を鳴らし押すものの久しく開けていなかったのか思う様に動かない。

〔6〕

少し経つと《ガチンッ》と音が鳴ると奥に押し込まれた

5号「えっ⁉開かないと思ったのに、急に動くだなんて、危ないな…!」

〇と自分が巻き込まれない為にその場から遠ざかり、少ない埃が足元を舞うと下から天井へゆっくりと扉が開く。

〔7〕

シャッターの様に開ききったのち暗闇広がる部屋が二人の前に現れた。

開いた扉からは紫掛かった手鏡が見え部屋の向こうには何かが《キラリ》と輝いた。

〔8〕

明かりの無い真っ黒な部屋で輝く物体に気が付いた5号は声を震わせながら恐る恐る頭から覗き込んだ

5号「え?あのー、2号さんお邪魔します…、ちょっと用事があって来たんですけど…」

部屋の主である2号の返事は少しも返ってこず、心配した5号は部屋の床に思わず踏み入れたのでした。

  • 3
  • 1
  • 0

RROD/HRM

自己流の挨拶で〖おはばんちは〗RROD/HRMと申します。 小学生の頃に描いていた物語をリメイクし世界観を広げて沢山のキャラと本編創作である《崩神の世界》を描きながら活動しています、大まかに登場人物と別視点での物語を描いています。 YouTubeやTwitterでも作っているので気になった方はそちらもどうぞ~ 又、こちらでは本編とは世界観の違う《さんかく》という物語を作っていく予定ですので 宜しくお願い致します。 季節や行事に沿ったイラストも稀にですが描いていこうと思っております。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内