漫画『ReLIFE』を読んでの感想です。

漫画『ReLIFE』を読んでの感想です

原作 夜宵草

『comico』で連載してました。https://www.comico.jp/

現在は新作『ブルーハーツ』を土曜更新で連載中です。

【ストーリーは?】

『海崎新太(27)無職』から始まります。

とある事情で新卒で入った会社を3カ月で辞めています。

面接もことごとく落ち、ついには実家からの仕送りも止められてしまいます。

そんな時に『リライフ研究所の夜明了』という、どこから見ても怪しい人に

声をかけられます。

「1年間高校生になって、高校に通ってもらいます」

生活費等は全て面倒をみる、と言われて、若返るという怪しい薬を受け取ってしまいます。

それを酔った勢いで飲んでしまい、10歳若返る所がファンタジーです。

もう一つは「この1年間に高校生としての海崎さんと関わった人の記憶は消える」という所ですね。

とにかく〈契約完了〉してしまい、高校3年生に編入します。

【10年ぶりの高校生活】

10年ぶりの高校生活、筆箱を忘れたり、タバコを持ち込んだり、

初歩からつまづきまくります。

【新しい登場人物】

教室に入って適当な席に座っていると「そこ私の席なんですけど」と声をかけられます。

後から分かりますが、学年トップの日代千鶴さんでした。

他に、前の席に座った大神和臣

隣の席で、鉛筆と消しゴムを貸してくれた狩生玲奈

同じ編入生の小野屋杏

それに、なぜか自分も若返って学校へ通っている夜明了

などなど、個性的なメンバーが揃います。

【日代さんの行動】

ひょんな事から、関わる事になります。

初日の放課後に、日代さんから

「携帯番号を教えて欲しい、友達になりたい」と言われ、

携帯番号を交換してしまいます。

ここら辺から海崎の『影薄く、1年過ぎて欲しい』という当初の思いとは

変わってきてしまいます。

【続きは読んでね♪】

続きは、実際に読んでもらいたいですね。いろいろな伏線が上手く噛み合って、

ラストもキレイにまとまっています。

最終巻15巻の描きおろしは、必読でしょう!

小野屋杏が気になる人は、12巻からの描きおろし漫画を読むことを

おススメします。

【メディア展開】

1・TVアニメ化しています。完結編まで出ているのですが・・・、

 15巻の描きおろし漫画の部分は無いので、やっぱり15巻を読みましょう。

2・実写映画になっています。ラストは、原作とは違っています。

 小野屋杏は登場人物としてはいますが、全然関わってきません。

3・舞台化しています。ラストは、この作品唯一の《バッドエンド》です。

   残念ながら映像化はされていません。

>私は2016年9月18日(月)原作者:夜宵草先生 限定サイン会の日に

 観劇しました。入り口でサイン会抽選用のアンケートが取られました。

>観劇後、会場を出ると、サイン会当選者の名前が貼りだされていました。

 当選者15名の中に私のニックネームもありました。

 おそるおそるスタッフに「あの○○ですが・・・」というと、

 サイン会の準備をするので、ロビーで待つように言われました。

>少数だったせいか一人一人の持ち時間が長かったです。衝立の向こうに

 入場する前に名前と描いて欲しいキャラクター名を聞かれました。

>目の前で、イラストとサインを描いてもらいました。

 時間が長くて、何を話したか覚えてないですね(;・∀・) 

【ラストは?】

舞台化が唯一の《バッドエンド》という事は・・・、原作はそうではないので、

安心して読んで下さい。

※私的には、ピアスとかビールとかちょこちょこ気になる所のあるマンガです。

 進学校で校則が厳しそうなのに、結構ゆるいですし。

 盗聴や尾行もあるしね。

でも、日代さんや周りの心の変化の描き方はとても良いと思います。

途中、暗くてシリアスな部分もありますが、頑張って完走して下さい! 

  • 0
  • 0
  • 0
るぅふぁす

るぅふぁす

初めまして、閲覧ありがとうございます。 短シッポのキジトラ猫が好みの猫好きです。 猫パンチをしない猫も好きです。 何かと猫を絡めて話してしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

作者のページを見る

この記事も読まれています