劇場版『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』を見ての感想です。

原作:Magica Quartet     総監督:新房昭之

脚本:虚淵玄           キャラクター原案:蒼樹うめ

TVシリーズ『魔法少女まどか☆マギカ』の続編ですが、

全12話見るのは大変!という人は、

●劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』

 [前編]始まりの物語  

[後編]永遠の物語

 があるので、そちらを見てからの視聴がおススメです。

さやかちゃんについて深く知りたい人は、TVシリーズを ぜひ堪能して

頂きたいです♪

【ストーリーは?】

ごく普通の女の子が魔法少女になるお話です。

ある日、魔法少女にありがちなマスコットなキャラクターが

現れて、こう言います。

「僕と契約して”魔法少女”になってよ!」

最初は、”魔法”が使えるようになって「皆を助けられる」

とわくわくしている主人公『まどか』ですが・・・、

【魔法少女】の真実を知ると、

「酷いよ・・、こんなのあんまりだよ・・・」 と言うようになります。

※皆さん、契約にはくれぐれも気を付けましょう!

【劇場版の内容は?】

 ・・・とうような、上記のストーリーを経て辿り着いた先の

お話になります。

”まどか”や仲間達は、チームを組んで魔女倒しにいそしんでいます。

【映画館の様子は?】

この作品は、2013年10月26日に公開されました。

私は初日に見に行きました。劇場に着くと、長い行列が出来ていました。

特典もあったのですが、当時の私には特典を集めるための『周回』という 文化もなく、

また『障がい者手帳』も、まだ持っていなかったので、

『2回』しか見に行きませんでした。

 初日の特典色紙で、運よく『まどか』が出て喜んだのを覚えています。

【面白かった?】

面白かったです!

魔法少女5人の変身シーンも、とても良い出来です。

最初から、お話に引き込まれます。

TVシリーズを見ていた人は、最初の場面で『?』となる事でしょう。

なぜなら、まどか、ほむら、マミ、さやか、杏子、全員が健在だからです。

【杏子が頼りになります】

平和?な日常に、不自然さを感じた”ほむら”は、杏子へ相談します。

すると、見滝原から外へ出れなくなっている事に気が付きます。

【マミVSほむら】

 この作品の見どころの一つです。

〈時間停止〉能力を持つほむら、と絶好調のマミさんの本気の

バトルが見れます。

あと、お菓子の魔女も出てきます。

【まどかの危機】

真実が分かると、魔法少女を救うために概念(神様のような)になった

”まどか”に新たな危機が迫っている事が分かります。

やっぱりキュゥベえ、お前か!って感じです。

【最終的には・・・】

最終的には、”まどか”の危機を”ほむら”は・・・、

「この時を待っていた!」と言います。

キュゥベえを逆手に取ります。

”まどか”は、自分の役目を忘れて、普通(?)の魔法少女として、

 日常へ戻ってきます。

”まどか”のカバン持ちになっていた”さやか”からは

「あんた、何したか分かってんの!」と罵られます。

【感想】

 とにかく面白かったです。今の私なら特典コンプのために周回したでしょう。

これ以降の続編が無いのが残念です。早く作って下さい。

>魔法少女まどか☆マギカ外伝『マギアレコード』があります。

スマホゲームとして作られました。今はパソコンでもプレイ可能です。

またアニメ1期が放送されました。

 内容は、ゲームをしていないと、なかなか分かりづらいと思います。

ゲームをする前と、後で、面白さがガラッと変わる作品です。

 まどか達、見滝原組も少しですが登場します。

 今後に期待です。

(余談ですが・・・、10月26日は最初の猫『るぅふぁす』を貰った日であります。)

  • 0
  • 0
  • 0
るぅふぁす

るぅふぁす

初めまして、閲覧ありがとうございます。 短シッポのキジトラ猫が好みの猫好きです。 猫パンチをしない猫も好きです。 何かと猫を絡めて話してしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。

作者のページを見る

この記事も読まれています