【七夕】夜空に光り輝く願いの短冊

皆さんお久しぶりです。7月になりましたね。
7月といえば、七夕や夏祭りなどといったイベントがありますが、残念ながら今年は中止となるところも多いでしょう。それでも一人一人の心には、それぞれの願い事があると私は思います。そこで今回は、七夕について少しお話します。

七夕は、毎年1年に1度の7月7日、彦星様と織姫様が天の川を飛び越えて再会し、空の上から我々の願いを見守る日です。
短冊には「玩具が欲しい」「スポーツで強くなりたい」「誰かに会えますように」などといった願い事が書かれ、その短冊が笹に捧げられる訳ですが、願いが叶うかどうかは、一人一人の想い次第だと私は思います。
最後まで諦めず、不可能を可能にすれば、きっと願い事が叶う事は間違いない筈です。

引き離されてしまった彦星様と織姫様ですが、「織姫様に会いたい」「彦星様に会いたい」というお互いの願い事はいまも変わらず、1年に1度だけ再会を許されるだけの間柄となっても尚、彼らの友情は繋がっています。
それが星空に輝く二人の願い事だと、私は思うのです。

  • 10
  • 10
  • 1
アバター

Ω・D・BUILD

東北出身の期待の新人。主にパソコンのペイントアプリで制作しておりますが、たまに手描きで描く事もございます。趣味はイラスト、お絵描き、漫画鑑賞、テレビゲーム、アプリゲーム。憧れの漫画家およびイラストレーターはゆでたまご先生、鳥山明先生、尾田栄一郎先生、荒木飛呂彦先生、あかつきひなさんです。よろしくお願いします。

作者のページを見る

この記事も読まれています