【刺繍雑貨】心のばんそうこう

 

こちらの記事や作品を見た人が、ふかふかの何かで包まれたような安心感、優しさに触れた気持ちになってほしいです。

今回は、ポーチがメインの作品を紹介していきたいと思います。

こちらは、白いフェルトで作ったポーチです。

ふたは、ボタンで開けたり、閉めたりできます。

ふたを開けると、刺繍された子がポーチに手を入れて何かを取ろうとしています。

どうやらばんそうこうを取ろうとしているみたいです。

裏は、この子↑が出したばんそうこうが、ハート(心)のポッケに入っています。

ハート(心)の表面がマジックテープで黒くなっています。

そこに、お好みでばんそうこうを、貼ったり、はがしたりできます。

Q.この作品を作ろうと思ったきっかけは何ですか?

A. 服の胸ポケットに、顔がひょっこり出ているデザインがかわいいと思ったからです。

   そして、作っていくうちにある気持ちがわいたのです。

  「ポーチの子が、飾りではなくて

気持ちのやり取りができる何かであればいいな」

  「今、ポーチの子が目の前にいる人だけを見てほしいな」

  「心の傷や痛みに対して、目に見える形でばんそうこうを貼れたらいいな」

   いつも、自分にはこの子がいるから大丈夫と思えるものがいたらいいと

思ったからです。

   いつも、心の状態を分かってもらえるものがいたらいいと

思ったからです。

   自分自身が、実際に心の傷を手当てすることができれば、心の傷が自覚できて、

   心の痛みが和らぐような気がしたからです。

Q.この作品を見た人に伝えたいことは何ですか?

A. 裏の部分は見た人自身の感覚で、つらさや痛みを感じた時に、

ばんそうこうを貼ったり、はがしたりして欲しいです。

   周りがなんと言われようと、辛さの大きさは一緒ではないと思いますので。

   傷の痛みは、今までの経験、感じ方、考え方、その時の状態が絡まり合って、出るものだと思いますので。

   ポーチの子は、例え、その痛みが思い込みであっても、

   事実を知っていたら違う気持ちになっていたとしても、

   「ほとんどの人が、この出来事に対しては、こんな反応をするだろう」

   みたいな、

   「普通」の感覚とは、違う反応だったとしても、

   この子は、最初に感じた反応に目を向けています。

   「いいよ」と言っています。 

  • 5
  • 1
  • 1

kaori

ああだったらいい、こうだったらいい、目に見えない気持ちを形として残したい、そんな思いを糸で表現します。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内