題  「七宝と蟹」

七宝と蟹

≪四行連≫
   
   くらい あな

   はえる そこ

   まもる かに

   あやな たま


  【底根の国 穴居の無腸公子】
       幽穴の中 何故か底地は照り映える
       黝い蟹 番をさせられ窮するも
       抱える連珠は 曰付き
       さいわい わざわい 為体も知れず

     
     〔制作ノート〕
        今作の制作の起点は、「七宝文様をやってみたい」ということ
       でした。その案をしばらく置いておくうちに、もうひとつやりた 
       かった蟹とあわせて何か作れるかもしれないと思うようになりま
       した。
        当初のイメージでは、七宝はもっと濃暗色で、蟹はぼんやりと
       シンプルになるはずでしたが、製作を進めるうちに、このような
       作品になりました。
        七宝のパーツに選んだ用紙のお蔭で、思わぬ効果が出て驚いて
       います。


     

     

  • 10
  • 2
  • 1

7・七(sudu・sudu)

仙台市出身。貼り絵の制作は10年ほど前の数年間行っていましたが、 この度、再開することにしました。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内