キミのいる世界~present from the sky~#24

#24    「キミのいる世界」

誰が選ばれても、恨みっこなしよ?

ええ!!

トントン

入るよーー!!

パタン

連れてきたわ

いらっしゃい志狼くん

ここにいるのは、女子だけ??

そうよ。

志狼、いまから明日の手術のとき誰にそばにいてほしいか
あなたが決めるの!!

俺は、ビックリした・・・・
そんなこと、俺が決めていいのか??
誰かを選んだら、必ず誰かが傷つく____
それでも、手術まで残り1日しかない。
この子達は、みんな覚悟を決めて俺に選んでほしいっていう思いがある。
俺が口に出した名前は_______________

手術日、当日_______

もうすぐか・・・

田光大丈夫・・・?

ああ、何度目の手術になるんだろうな・・・
俺の手にかかっているから、世界滅亡も彼の命も・・・

そういう田光の手は、少し震えていた。

大丈夫よ、今回は志狼もいつもと違う!!
田光ならきっとうまくいく!!あーしは、信じてる・・・

深永海・・・・ありがとう・・・。
緊張がほぐれたよ・・・・
手術成功したら、話がある。
その時はいつもの資料室で待っていてくれ・・

ええ・・・いってらっしゃい愛しの田光

ああ、いってくる。患者を俺の城に運ぶよ

これが、最初で最後かもしれない・・・
大丈夫・・・きっとうまくいく・・・・
頑張れ、田光・・・・

漣深永海は、心から山路志狼の手術成功を祈った。
そして・・・それ以上に彼氏にエールを送った。

山路志狼!!

はい・・・!!

準備はいいか??

大丈夫です・・・。

お前は怖くないのか・・・?

怖いです。
でも・・・それ以上に彼女を不安にさせたくないので・・

彼女・・・??

そのとき、志狼が手術室に運ばれるのを遠くから見ていた
女の子を見て志岐武田光は納得する。

なるほど、そういうことか・・・。
俺もお前も彼女を泣かせないようにしないとな・・・

はい・・・・!!

志狼は、手術室に運ばれた・・・・。
田光が麻酔をうつと眠りにつく______

真っ暗な闇の世界・・・・いつもと同じ、何も見えない・・・
俺は何度も手術を受けているみたいだが
そのときの記憶がない。それもそう、手術が失敗したら別な世界線で
平和的日常の幾度のやりなおしだったから・・・・
それもわからない、今回はどうなるんだろうか・・・
でも俺はセンセイを信じてるし何より今回初めてできた彼女を
悲しませたくない・・・・。
俺は、彼女の・・・・顔が見たい・・・・
この石とサヨナラして、みんなと面と向かって話をして恩返しがしたい!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

志狼・・・・??

この声は、俺の彼女の声だ・・・・
さっきまで真っ暗な世界にいたのに真っ白い天井が見える。

眩しい・・・・

俺は、開口一番そう呟いてしまった。
そしたら彼女は泣いて

目が・・・見えるのね??見えるようになったのね・・・・

そうか・・・これが見えるってことなんだ・・・。

眩しいと思えたのは、光があるから・・・・
光のある世界・・・。最初に見えたのは病室の天井
そして、次に見えたのは大好きな恋人の顔だった。
俺があのとき選んだのは・・・・・

手術日前日

俺は、当日に小恋にいてもらいたい!

あのとき、俺が選んだのは小恋。
そのあと俺たちは交際を始めて手術が成功したら
同じ世界を歩んでいこうと約束をした。

君は、こういう顔をしてたんだね・・・やっと見れた

そうよ・・・・手術は成功ね・・!!

ああ。
いままで、俺のために何度も過酷な運命を行き来して
危険なことを回避してきてくれた
君と漣さんのお陰だよ。

私たちは、最初指令だったからやっていた。
この国、世界の運命は
あなたの中にあった危険度5のデリート
それを取り除くためのミッションだったから近づいた。
でもまさか、志狼と付き合うことになるなんてね・・・

両目が開いた俺はいろんなモノが見れた。
最初に見た人物は、恋人・霞ヶ崎小恋

これからは、いろんなものをみていきましょうね!!

うん、キミのいるこの世界で
俺は誇りをもって生きていくよ!!

それからしばらくたって、両親や新木さん源太くん
芝さん、布藤さんに幼馴染の庵が
時間をおいてお見舞いにきてくれた。
みんな、目が開いた俺を見て喜んでくれた・・・・
手術も成功して、俺の体にあった石は完全に取り除くことができて
あのあと田光センセイはデリートの研究を始め論文を書き認められ
有名な医者になりあがった。
聞いた話だと、そのあと漣さんと籍を入れたらしい・・・
結婚式には俺を招いてくれるとのことで楽しみだ・・・。

キミのいる世界
~present from the sky~

あのとき、あの日・・・・
キミを知ってからキミがいるこの世界で
生きていくと決めた・・・・

おわり

  • 6
  • 0
  • 0

水樹

最初に絵を描き始めたのは小学生の頃でした。 それから、自分の世界観を文字におこしたり、絵にするのが趣味になっています!!

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内