ボクとネコの夏休み

夏休みの朝早く、小学3年生の僕と猫は家出をした。

自転車の前カゴに猫を乗せ、ひたすら川沿いを走った。

「どこに行く?」

「にやーん。」

とにかく、川沿いを走った。

僕たちに道は永遠に続く気がした。

「何をする?」

「にやーん。」

家族とケンカをしたわけじゃない。

ただ、家出をしたかった。

「水飲むか?」

「にやーん。」

自転車を降りて地べたにすわる。

ゲートボール場のお年寄りが見える。

「今、何時かなぁ?」

「にやーん。」

「腹減ったか?」

「にやーん。」

「僕も腹減った。」

「にやーん。」

「帰るか?」

「にやーん。」

僕は走る。

家に向かって・・・。

今日の家出はおしまいだ。

「今度はもっと遠くに行こうか?」

「にやーん。」

  • 10
  • 0
  • 0

なないろびと

絵と小説をこよなく愛すおばちゃんです。 日々、コーヒーを飲みながら、創作の世界に旅に出ます。 旅の途中で、いろいろな発見があり、出会いがあり、挑戦があり。 雨上がりの空に架かる虹のように、一色に染まらない人でいることを心掛けています。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内