トリック・オア・トリート!

 それは私がまだ、病気になる10年前の11月の始めの頃だった。

突然、実家の弟が電話で

「親父がお風呂上がりに半身が麻痺して動けなくなり、救急車で運ばれ、病院で検査を受けているところだ。」

と言う。

幸い症状は軽く、2,3日したら自宅に帰っても良いということだったが、私は

翌朝、実家のある東北に向かうことにした。

「私、仙台に行って来る。留守の間、美耶を頼んだわ。心配は無いと思うけど。」

「・・・。」

夫は「お大事に。」とか「気を付けて行ってらっしゃい。」とか何も言わなかっ

たが心配では無いのか?

私はそんな旦那の態度に期待はしていなかったが、こうも何も言ってこないこと

に幻滅した。

 週末、私は新幹線で東北に向かった。

東北の街はすっかり葉が落ちていて、秋は終わってすっかり冬に近づいている様

に見えた。

実家に着くと意外に元気な父が待っていた。

父が倒れていたのではなかったか?

倒れたと言っていた父よりも、認知症の進んだ母の方が問題だった。

「眠れない。」

と言っては徘徊を繰り返して、3か所の病院から眠剤をそれぞれ貰っていた。

幸いというか、やっぱりというか母は薬を飲み忘れていた。

私は父に

「お母さんはもう自分で判断出来ない状態になっている。薬の管理と医師とのコミュニケーションは付き添いが必要である。」

そう伝え、私は母の薬を1回分ごとに小分けにした。

翌日、私は泣きじゃくる母親をなだめ、不安が残るが、東京に帰った。

何故かその時は『しっかり者の長女』を演じて来た自分が背負わなくてはならな

いと思っていた。

私は自分が思ったより、心が傷ついていて、これからの運命の重さに、気が付い

たら涙が溢れていた。 私はマスクで泣き顔を隠して帰りの新幹線に乗った。

人目を気にした私は2階建てのMaxやまびこに乗った。

景色の見えない1階席は人気がなく人もまばらだったからだ。

 東京駅に着くと、街はハロウィン一色だった。

「気が付かなかった。」

大きなカボチャのお化けが飾られた店先で

「トリックアトリート。」

お菓子を忘れ、ハロウィンのお化けにイタズラされたみたいだと思った。

  • 13
  • 1
  • 0

おすすめのタグ

なないろびと

絵と小説をこよなく愛すおばちゃんです。 日々、コーヒーを飲みながら、創作の世界に旅に出ます。 旅の途中で、いろいろな発見があり、出会いがあり、挑戦があり。 雨上がりの空に架かる虹のように、一色に染まらない人でいることを心掛けています。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内