ある女の子の1日

私の朝は、暗くて暖かく、狭い部屋から始まる。

この暗さと狭さが私は好きで、周りから何を言われようと気に入っている。変えるつもりはない。

目覚めて気に入った部屋を出たら、朝食。

朝食はガッツリ食べる派なので、満腹まで食べて家を出る。

家を出たら外周り。

暑かったり寒かったり毎日大変だが、歩くのは大好きなので苦痛はない。

季節の変化を感じられるのも良いところだと思う。さわさわと鳴る緑の葉、やがて赤や黄色になってひらひら落ちる。それを踏んで歩くと、やがて冷たく白いものが落ちてくるのだ。

何だかんだあって帰宅すると家族が待っている。

遊んでほしい姉妹、いつも台所にいるか居間で寝ているお母さん、私に構いたがりなお父さん。

騒がしくて、手のかかる良い家族だ。

そんな家族と夕食を食べて、またあの気に入っている、暗くて暖かく、狭い部屋に入って寝る。

やっぱり、部屋で寝る時が一番落ち着くかな。

でも…

この毎日が、いちばん、好き…かも、知れにゃい…むにゃむにゃ……

おわり   ある女の子ネコの1日

  • 12
  • 0
  • 1

メルン

小説を書くのが好きな、アニメ・ゲーム・読書が趣味の人です! 目についたものや不思議なことを小説にしたり、おすすめのちょっとしたコラムも書きます。絵にも挑戦したいです。ほのぼの、ほんわか、ちょっと謎な話もあるかも…?

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内