花の無い花 4

 リリカは答えを出せないまま、毎日、マリカの病院に面会に来ていた。

そんなある日、リリカは声を掛けられた。

「すいません、カフェの方ですよね?」

「はい?あなたは?」

「突然、すいません、以前、カフェを利用していた木川 達也と申します。カフェが暫く、お休みしていたのでどうなさったのかと思っていました。」

「はい。実は・・・。」

いつの間にか、リリカはこれまでの事を木川に話していた。

「そんな事が・・・さぞかし、心細かったでしょう。」

「こんなこと親にも話せないし、ましてや他の人に話すとは思いませんでした。」

「いや、僕は話を聞く事しか出来ませんから・・・。」

「いえ、話を聞いて貰っただけでも心が軽くなりました。ありがとうございます。」

「これからも僕でよかったら、お話を聞きますよ。」

数ヵ月後、木川がリリカの店を手伝う事になるとはこの時は思っていなかった。

木川とリリカのデートとも言えない会話がその後も続いた。

マリカの退院の時、木川は来ていた。

移動の車の運転を買って出たのだった。

「お荷物、後ろに全部詰めました。」

「ありがとうございます。」

「ありがとうございます。しか言えないわ。」

「いいえ、こんなことしか出来なくて。」

「うちは男手が無いから、助かります。」

「実はお姉さんにお話があります。」

「はい?」

「大事なことなので、家に付いて落ち着いたらお話をしたいと思います。」

「分かりました。」

この時マリカは何となく木川が何を言うかが分かっていた。

それがリリカの事だとは想像がついたが、木川はそれ以上の事を考えていた。

  • 6
  • 0
  • 0

なないろびと

水彩画中心に絵を描いています。 他のクリエイターさんたちとのコラボに挑戦しています。 先ずはやってみることが、私流です。 少しでも、みなさんに幸せを届けられますように・・・。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内