索・番外「終わらない大戦」

ーそれは、余りに惨く虚しい戦いだった。

ちょっとだけ、みるに話は聞いていたけど、何故そこまで大きな争いになるか、知らなかった。

何がそこまで彼らを突き動かすのか。

どうしてそこまでして勝敗を分けたいのか。

私は、ただ…

「きのこ◯山と、たけのこ◯里を差し入れに持ってきただけだったのに…」

ちなみに、どっちもみるの好きな、イチゴチョコ味。

…タイミングが悪かった。

丁度みるは本の中で、テラスに居たのが、むつぎとレフィールだけだったから、差し入れって言って両方テーブルに出したのだ。

「ありがとう、ユリィ様。」

「イチゴ味か、これならミィも喜んで食べるな。」

「そうだね、やっぱりコレだよ。」

「たけのこ◯里。」「きのこ◯山。」

「「………は?」」

これをキッカケに、きのこ派のむつぎ、たけのこ派のレフィールの言い争いの幕が上がる。

ちなみに、本人達ではなく「どちらなら、みるが一番喜んで食べるか」の話だ。そこのところは間違えないでほしい。

本人達が何派かは、控えさせてもらう。

「きのこのビスケット部分は持ちやすくて食べやすいだろう。」

「きのこはバランスが悪い。最初の一口が全部チョコになるだろうが。たけのこは均一で、しかもクッキーだ。」

「たけのこは、チョコが熱で溶けてベトベトになるだろう。その点きのこは配慮がある。」

「ふん、幼児にチョコ部分だけ食べられて「ここ(ビスケット部分)はいらない!」と言われるクセに。」

「それはオ◯オの話だ!一緒にするな!」

いや、オ◯オを巻き込むな。ちゃんと挟んだまま食べなさいと教育しなさい。

「たけのこはチョコの量が少ない!それでもチョコ菓子か?」

「チョコかビスケットかよくわからん存在に言われたくないな。たけのこはバランスの良さが売りだ。」

「バランスしか無い癖に、これだからたけのこは。」

「ただ口だけの癖に。しかも立てもできないからな、ろくに戦争もさせられん。」

「菓子を立てて遊ぶな!」

「遊びではない、立派な戦争だ。お坊ちゃんにはわからないだろうが?」

「あ?大悪魔(バアル)の俺が何をわからないだって!?」

最早本人達の悪口になっているが、このままだとまた図書館が全壊しそう。

(マジでやめて。)

すると、救世主のように本が光って、みるが帰ってきた。

「みーるー!!助けて!!」

「どうしたの?師匠。」

「むつぎとクロハネが本気の争いをしようとしているの!!」

「何で?」

「きのこ◯山と、たけのこ◯里を差し入れに持って来たら…」

「!!…師匠…何故そんな事を…。きのこたけのこ戦争と言えば、始まった時から今だに、絶対に終止符が打たれない、日本国最大級の内戦。例えどこかで勝敗が決まったとしても、必ずどこかでまた争いが始まる…終わりの見えない、収束する気配すら無い、まさに終末大戦なのに…。」

「みる!貴女の一言さえあれば、とりあえずこの争いは収まるわ!言って!貴女はどちらが良いの!?」

むつぎ・レフィール・ユリィの視線が、みるに集中する。

みるは、困惑しながらも、答えた。

「…別にどっちでもいい…。」

「「えっ…」」

「ち、ちなみに、みるの好きなチョコ菓子は!?」

「え?うーん…5円チョ◯とか、アポ◯とか。」

「そういうチョコオンリーじゃないヤツは!?」

「チョコ◯ーんぱん。長いのならトッ◯。」

「「………。」」

「で?その、きのこ◯山とたけのこ◯里は、食べていいの?」

「え、ええ…。」

「ありがとう、師匠!いただきまーす!」

みるは躊躇うことなく両方を1つずつ手にして、ポイっと口の中に入れる。

「うーん!どっちも美味しい!」

確かに彼女は、争いを終わらせた救世主だった。

結局、むつぎとレフィールは、黙って両方交互に食べている。

恐ろしく、哀しき争い。

だが絶対にどちらも負けを認めない。

それが、きのこたけのこ戦争。

「地球の日本人って、すごいわ…。」

終われ。

※みるの意見は作者の意見です。

今考えましたが、私はどれかと言えば、エ〇ーゼが好きですね。

でもどれが好きか!?と言われると、特別コレというお菓子系はありません。

ただ、作者は「あんこ」だけは大嫌いで食べたくありません。給食の桜餅や、いちご大福や、まんじゅうに何度涙したことか…。(何故か、ずんだ系は大丈夫。)

逆に洋菓子の生クリーム系大好きですが、生クリームがダメな方も居ますよね。

自分が美味しいと思う物を食べて、それを相手に押し付けないのが一番だと思います。
4/13、メルン。

  • 13
  • 0
  • 0

メルン

小説を書くのが好きな、アニメ・ゲーム・読書が趣味の人です! 目についたものや不思議なことを小説にしたり、絵にも挑戦したいです。 ほのぼの、ほんわか、ちょっと謎な話もあるかも…?

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内