夏の日の淡い香り その4

通知音が来た。

「はい。もしもし。」

「もしもし良太さん。」

「明日はお仕事お休みですか?私は休みです。」

「僕も明日仕事休みだよ。」

「そうだったんですね。良かったです。このお電話ご迷惑かと思ってたので・・・。」

「迷惑じゃないよ。ところで君みたいな魅力的な子がなんで僕に話しかけたの?」

「そうですね。私にとって良太さんが特別に感じてしまったからなんです。」

「具体的にはまだ申し上げられませんが・・・。」

「特別かぁ。それってどんな感じ?」

「恥ずかしいですけど言いますね。唯一無二に似たような感じです。」

「良太さん身長175cm位じゃないですか?」

「よく分かったね。大体その位だよ。」

「やっぱり!もうちょっと仲良くなってから言おうと思ってたのですが、私と一日デートしてもらえないでしょうか?」

「女の子とデートなんて何年ぶりだろう。勿論いいよ。」

その後、30分位は話しただろうか。

好きな食べ物。好きな音楽。好きなスポーツ。好きなゲーム。話は結構多肢に渡ったが、意外とジェネレーションギャップを感じなかった。

23歳という歳とは裏腹に僕の思春期に聞いていた音楽やゲームを知っている事が多く正直会話は十分に楽しめた。

その後電話を切って寝る事にし、ベッドに入り目を閉じた。

デートは明後日の日曜日になった。

僕はどんな服を着ていけばいいか迷った。

正直ここ1年以上新しい服を購入していない。

明日一日使って決めよう。

・・・と、あれこれ考えていたら眠くなり寝た。

その5へ続く。

  • 3
  • 0
  • 0

花の母としての気持ち

初めまして、”花の母としての気持ち”と申します。ゲームと麻雀と将棋が好きです。 そして、アニメも好きで新海誠監督と細田守監督の大ファン。君の名は23回観ました(笑) 今年は新海誠監督の新作が上映されるので今から楽しみ♪ 病気と戦いながらもテンションあげて頑張っていこうと思います。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内