#22 カンタ君逃亡劇

前回の話

ちょっとみて、あの人イケメンー

ヤバ!!マジかっこいいんだけど……

いらっしゃいませー♪

近くの薬局を手あたり次第探してココが一番近かったからココに来たが…
人のために包帯を買うことになるとはな。それも全部、あいつのせいなんだが…………大きめのサイズの包帯は……………………

お客様…どちらの商品をお探しでしょうか?

少し大きめの包帯を…………そうだな、2つほど

それでしたら、こちらはいかがでしょう?

ピッタリです!ではこちらで、助かりました!!

あ、あのお客様…どこかお怪我されているのでしょうか?
私が手当て致します

いいえ、僕じゃないんです。連れが重症を負ってしまって…………

でしたら、お連れ様の居場所を教え頂けたら手当てなさいます

ありがとうございます、ではお願いします

は、はいーーーー♡

ただでさえ、急いでいるのに好きでもない女の・・・
……寧ろ嫌っている女の身体を手当てするのもめんどうだったからな。
この人に設楽を預けることもできるが、そこまでの迷惑は押し付けられない
手当てしてもらったら、急いで……光射すあの場所へ向かおう…………
幹汰………大丈夫かな…………???

ごめんなさい…………幹汰くん……私のせいで…………

うわぁぁぁっ

私には…………何もできないってわかってたの………
でも危ないと思ったから…………ついてきて

・・・・・・・・・・・

ショウくんの言う通りだった………私、ただの………足手まとい…………

違う、違うよ……飛坂さん。俺は別に君のことを責めているんじゃない。人を撃ってしまったことに怖くなって慟哭したんだ。君は自分のせいだと思い込んでしまったのか…………
それに、俺を守るために未梨愛とショウは人を撃ったりしていた。
人を守って人を撃つっていうことがどれだけ残酷なことか俺は漸く分かった気がする。いままで、自分の身を誰かに守らせておいて俺は武器をとろうとしなかった…………その結果がこれだ。俺も、飛坂さんを守って人を撃った……
この日初めて、俺は人殺しになった……______

飛坂さんのせいじゃないよ

でも!!私が未熟だから……あなたを守る立場だったのに……守ってもらっちゃって

泣かないで、飛坂さん。
本当は自分でしなくちゃいけなかったんだ……俺はいつまでも弱い……ここを突破しないと俺は次に進めない気がする。みんな、俺たちの事を待ってるんだ…………済んだことはもう終わったんだ。今は、この人の死を慈しんで…………

幹汰くん…………

確か、死体の側に落ちているはず…。あれ、ない…じゃ、ポケットの中か??
死体に触りたくないけど…ポケットにあるはずだ…………あった!!!!

光射すあの場所………僕とゴールドレインの約束の場所…………
僕の初めてできたお友達ゴールドレイン…………

やっぱり、そうなんだ。懐かしいと思ったし、間違いない……
彼が…俺の・・・・。

みんな聞こえる??

三加和さん!!

あら、反応しているのはあなただけなのね??

実は…未梨愛が…………

ミリちゃん…………頑張ったわね…………

そうだ、三加和さん…インカムに反応しているのが俺だけなら個人通話に切り替えてくれませんか?

ええ、いいわよ…

数分後、俺は三加和さんを問いただして気になる“あの人”について全て聞いた。やっぱり、俺が思っていることは……正しかったんだ……
“あの人”についての、情報を俺は手に入れた……

行こう、飛坂さん…

あ、あの…私のこと名前で呼んでもらえない??

……今更な気もするけど。じゃ……、藍羽…

うん・・・・ありがとう

記憶が正しければ、“光射すあの場所”というのはあそこでいい…
待ってて、未梨愛…ショウ…

第23話へ続く

  • 1
  • 0
  • 0
水樹

水樹

最初に絵を描き始めたのは小学生の頃でした。 それから、自分の世界観を文字におこしたり、絵にするのが趣味になっています!!

作者のページを見る

この記事も読まれています