「天空の魔女」第一話

オリジナル心のアニメ(小説)
脚本
タイトル
登場人物

ハンドルネーム
鮎川 ひろみ

タイトル
天空の魔女

登場人物
山野まどか
山野ゆみこ
高梨みう
兵士
謎の男
解説

第一話
うなされる夢

まどかは2歳から剣術を母から教わっていた
視点二天竜

まどか、まどかは8歳にして女剣士になり、私がこれ以上教えることはなにもなくなった。

私はお母さんより強くなったの?

まどか、よく聞くんだ。確かにお母さんより剣術は強くなった。でも、まどかは8歳だ。心はお母さんに勝てない。

どうして?

剣術は強くなってもまだまどかは8歳。心がお母さんよりも弱い。だから、天空城を守るのだ。剣術と心が両方強くなった時、まどかはお母さんを超えることになる。
だが、間違えればお母さんのようになる。強くなれ。

分かった。おかあさん・・・

みう、やっぱり私は旅に出る。

行くのじゃな。

まどかを頼む。まどかの剣術は相当の腕。しかし、まどかがこの剣を血で染めたら、まどかは死ぬことになる。

ああ、分かっておる。天空の魔女のことじゃな。

そう。まどかは奥義伝授してないから。

この剣は、血をつけない事が条件じゃな。

そういう事だ。それじゃ、元気でね。4年後、奥義伝授の時だから、それまでは剣だけを持たせて。

分かった。ゆみこ、また4年後に。元気でな・・・

みうさん。

なんじゃ。

お母さんは?

旅に出た。そして、この剣をゆみこが置いていった。
この剣は母の形見じゃ。
この剣は血で染めてはいけない。血で染めたら奥義伝授ができなくなるのじゃ。

分かった。

みう様、客人です。

通せ。

かしこまりました。
・・・お連れしました

何か。

まどか、死ね。

何だ、こいつは。

キーン
相手の剣が、まどかの胸に突き刺さった

まどかー!

また、あの夢か・・・(汗)
私は2年後に死ぬのかな?

まどか、凄い汗。大丈夫か?

みう様、私は2年後に死ぬの?

大丈夫だ。ゆみこに謝ればよい。

でも、あの剣は血で汚れてしまった。

私もどうなるかはわからない。
ゆみこから聞いただけだから。

そっか

謝ればきっと大丈夫。
ゆみこはまどかの母なのだから。
そろそろ学校に行ってらっしゃい。

そうだね。行ってきます。

ゆみこ。きっと・・・大丈夫だよね。

あと2年後。母から奥義を伝授する。
私も頑張らないとな。

第2話に続く

  • 20
  • 11
  • 9

おすすめのタグ

鮎川 ひろみ

利用してあと半年で4年経ちます。 色々な人と会って学んで心も変わってきました。 今は、挿絵と文字の練習をしています。 きまぐれオレンジロードが教科書みたいなものです。 高田明美展に行って来てテンション上がりましたきました。 「新たな気持ちで作業をしたいです」 頑張っていきたいです。改めてよろしくお願いいたします。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内