気象病での心身の不調

こんにちは。

最近は雨が多く、暖かくなりましたね。

気圧による体調の変化が見られる方も多いのではないでしょうか?

四季に彩られる日本の景観は素敵ですが、どうしても目まぐるしい天候の変化には身体が着いていきません泣

体調にも気持ちにも影響の出る気象病を、少しでも緩和したいので調べてみました。

気象病とは

“気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy)は、気象・天候の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。

症状は頭痛、食欲不振、気分の落ち込み、めまい、メニエール病、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々であり、鬱や喘息などの持病が悪化したり、「気象関連痛(英語版)(日本初天気痛外来を愛知医科大学病院にて開設をした天気痛ドクター佐藤純医師が名付けた天気痛)」という「天気が悪いと古傷がうずく」などの痛みなども含む。心臓発作や脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。” ウィキペディア引用

だいぶ重々しいですが、それだけ個人差があるということですね。

天候は操作出来ないですし、その為に都度予定を変更することは非常に難しいかと思います。 少しでも予防をして、日常の負担を減らしたいものです。

その為の便利なサイトやアプリがあるようです。

気圧予報

頭痛ーる:気圧予報で体調管理

上記のサイトは日本各地の気圧、天気、気温、風向き、湿度の予報を簡単に見ることが出来ます。

気圧チェック欄では、警戒レベルをわかりやすくマークで表示してくれます。時間ごとの詳しい一日の流れを、明後日まで見ることが出来ます。

原因不明の体調不良などがある方は、いくつかのセルフチェックがあるので、気になるものはぜひチェックしてみましょう。

気象病や頭痛、自律神経などに関するコラムもたくさん読めて、簡単なストレッチなども載っています。

アプリでは体調、服薬記録などを一緒に管理出来るようです。気象病、頭痛にお悩みの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

我慢せず

原因不明の体調不良は自律神経の不調などでまとめられることも多いですが、天気と照らし合わせてみることで気象病が発覚し、予防することができるかもしれません。

痛みを我慢していたら別の症状を誘発し、悪化の一途を辿ることになり得ます。

服薬や日々の体調記録、簡単なストレッチなどで、改善できるといいですね。

また、最近の体調記録アプリは様々な種類があるので、自分に合ったものを見つけて、継続的に利用出来たらいいなと思います。

ぜひ参考にしてみてください^^

  • 0
  • 0
  • 0

おすすめのタグ

なまえ

エナドリとウォッカ

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内