「写真の先に見えるモノ」

 僕が通りを歩いているときチェ・ゲバラが描かれたチラシが視界に入り、心が揺らいで何かを感じ自然とカメラを構えシャッターを切った瞬間がこの写真です。光景は空間を超えてレンズの中で屈折しながらファインダーに投影され、僕の目の中へ入り込み視神経をつたって脳に投影されています。

 あなたが観ているこの写真は僕がみている光景…。

 だからこの写真は僕自身であり、あなたに転換された光景

  写真はドキュメンタリー性を失うと単なる光景にしか見えなく、ただ凄くきれいな写真で終わると多くは印象に思うほどのこらないこともあります。ドキュメンタリーとはノンフィクションであり、まさに写真そのものだと思っています。だからチェ・ゲバラがみた光景にすごく気をひかれます。世界史に名をのこす偉人の一人である彼がみてきた光景の中に、いままで彼が感じて思ったことや、本来の性格の一端が垣間みえるような気がするのです。

 写真展はもう終わってしまい、みる機会を逃してしまいましたが、再び機会が巡ってきたときはぜひ足を運んでみたいと思っています。でも開催地は東京なのですね…、少しばかり今の僕にとって東京という地へおもむくという行為は敷居が高いように感じます(苦笑)

location:仙台市 一番町 いろは横丁 Photographer:そのひ かなた

 この日はずっと雨だったなぁ…。

 では、また。

  • 16
  • 2
  • 2

そのひ かなた

おもにスナップが多いですが、基本いろんなジャンルの写真を撮ります。 撮る行為は好きですが、一気に気持ちを込めてしまうので時につかれて充電するため写真をたまにお休みすることもあります。 写真の極意は『一期一会』、時は流れてゆきすぎる…その光景の瞬間を記憶の断片のごとく表現するのが写真だから時を大事に切り撮っていきたいです。ちなみに写真以外はゲームやアニメに時間を費やしてます(笑) 最近はDTM(デスクトップミュージック)に手を出しました。自作の曲と写真とともに皆さんにみてもらえたらとおもっています。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内