「光彩と陰影」

 10月に入ると夏のなごりが残る先月より日差しが柔らかいので写真に写りこむ陰影も若干やわらかく写ります。もちろん写真を撮る時間帯も影響してきて日ぐれになるにしたがい光もきいろ味をおびてきます。今回は日差しもまだ鋭く残っている10月上旬に撮影しました。

 秋口から僕はこの時間帯に写真を撮るのが好きです。何故ならだいたい14時以降から日が沈みかける頃あいに劇的な光彩と陰影を目撃するからです。日差しは真上ではなく下に沈みかける時間帯であり日暮れになるにつれ影が横に流れ、立ち並ぶビルに日があたり光を反射しあい地面の影と共に徐々に交差して歩きゆく人々の影が一緒に混ざりあって目まぐるしく変化してゆく…、それはまるで光と影が踊っているかのように感じられ、人の想いと思惑が反響しあって語り合っているように感じるのです。

 地面に投影されている影の大部分は人工物であり人の手によってその場所に建てられた、あるいは置かれたものです。人間が意図してその場にあるものは人の志向を配して形成されたものもあり、そこに人影が流れゆくさまは感慨深く、ある意味アート作品に等しいです。そのさまは都会中心ならではで僕にとって地面に描きだされた光彩と陰影はとても魅力的です。

 今回はカラー写真でスライドショーを作りましたが上手く埋め込みできず表示されなかったので、そのまま写真を下記に投稿しました。
では、パソコンで鑑賞の場合は写真をクリックすると新しいタブが開いて大きなサイズで写真がみれますのでご覧ください。新しいタブを消したい場合はブラウザの “×” でタブを閉じてください。ではまた。

※覚書き

・画像ブロックのリンク設定でリンク先をメディアファイルに設定すると写真を拡大表示できるポップアップ表示が可能。ただし記事に戻りたい場合は、ブラウザの戻るを押して閉じるしか方法がない。

  • 17
  • 5
  • 3
そのひ かなた

そのひ かなた

おもにスナップが多いですが、基本いろんなジャンルの写真を撮ります。 撮る行為は好きですが、一気に気持ちを込めてしまうので時につかれて充電するため写真をたまにお休みすることもあります。 写真の極意は『一期一会』、時は流れてゆきすぎる…その光景の瞬間を記憶の断片のごとく表現するのが写真だから時を大事に切り撮っていきたいです。ちなみに写真以外はゲームやアニメに時間を費やしてます(笑) 最近はDTM(デスクトップミュージック)に手を出しました。自作の曲と写真とともに皆さんにみてもらえたらとおもっています。

作者のページを見る

この記事も読まれています