唯一の継続ボランティア

自分が毎年、楽しみにしているイベントが3か月後に迫ってきました。
それは定禅寺ストリートジャズフェスティバルです。通称・JSF又はジャズフェスといいます。
今回で33回目(30回はコロナ過で中止)となり、自分は15回目から毎年、当日ボランティアとして
参加しています。
当日ボランティアとして何をするのか?不安だと思う人もいると思うので、経験者として活動内容をちょっと
だけ書いていこうと思います。
当日ボランティアはイベント当日2日間のうち、2日間または1日のみ会場運営スタッフとして活動するスタッフ
で主な活動内容はステージ設営・撤収・バンド受付・グッズ販売・観客誘導です。
自分が経験した活動内容は上記の活動内容全て経験しています。
ステージ設営は屋内の場合はパイプ椅子を並べたりテーブルを並べたりしますが、屋外の場合はテントを立てる
事から始まってその後にテーブルを並べたりします。
難しい作業はないのでご安心を。
撤収も実行委員の方の指示でやるので心配はありません。
バンド受付は人数確認やステージの配置などを確認するのが仕事です。
グッズ販売はオフィシャルグッズショップでひたすらグッズを販売します。
観客誘導は点字ブロックを塞がないように観客を誘導することが主な仕事です。
自分がこのボランティアを始めたのは興味本位でした。
面白そうだなと思って誰にも相談せずに参加申し込みをして参加して今に至ります。
活動着として一日1枚か二日で1枚のスタッフTシャツが配布されますのでそれを着て活動します。
スタッフTシャツは綿の時もあれば吸汗速乾素材の時もあり、デザインは毎年変わります。
グッズとして売ってるのは3000円から3500円みたいです。
飲み物も朝のボランティア受付時に1本、お昼のお弁当時に1本、合間に2本くらい配布されるので
ある程度は足りるかとは思いますが、足りなければ自分で調達することになります。
お昼のお弁当は用意されていて、2日間行くと内容の違うお弁当を食べられます。
夜の部の活動もするという場合は、財政状況にもよりますが例年はおにぎりが用意されていたりします。
財政状況が悪い時は実行委員さんが自腹を切ってコストコのロールパンを用意してくれていた時がありました。
場合によっては出店者さんから差し入れが届くときもありますが、毎年ではないので・・・
財政状況が悪くても飲み物は夜の部も1本くらいはもらえます。
撤収作業はできる人だけでやるのでボランティアをここで終わりたいという場合でも安心です。
撤収作業は、すべての演奏が終わった場所から随時始めるのですが、テントをバラシて片付けることや演奏場所
のゴミ拾いなどが主で実行委員さんの指示の下でやるので安心です。
撤収作業終了後は行きたい人だけ打ち上げに行きます。
打ち上げは毎年、同じ場所でやることが多く結構多くのボランティアと実行委員さんが参加して盛り上がります。
自分も何回か打ち上げに参加していますが、担当場所が一緒にならず喋る機会がない実行委員さんと話す機会が
あって自分もジャズフェスの改善してほしい点を言ったりしてました。
そういう場が改善点を見つけるなどの意見交換の場になるとある実行委員さんが言ってました。

ジャズフェスボランティアは何にも難しい作業はないので、初めての人でも大丈夫です。
実行委員さんも風貌は怖くてもいい人が多いし人見知りの自分でも楽しく活動できています。
興味のある人は演奏を見に行くだけでもいいし、ボランティアとして参加してみるのもいいと思います。







  • 3
  • 2
  • 2

7番ライト

どーも、7番ライトです。嵐と野球(巨人ファンですがナベツネは×)と自衛隊が好きです。日々思う事や思った事、行ったイベントやこれから行く・参加するイベントの事を書いていこうと思います。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内