【私が経験した】統合失調症になったら寛解までの道のりは?

統合失調症を発症すると幻覚、幻聴、妄想が出て生活が困難になります。私は妄想が酷くなり、自分から病院に行きました。その前は自宅に1年間引きこもり状態で、ひどい陰性症状でした。考えることができないし、体が動かない、そして気力が出てこない。そんな状態でしたので体重もみるみる落ちました。体重は計っていないので分かりませんがかなり痩せていました。1日1食か、食べない日もありました。65キロは切っていたと思います。

そんな統合失調症に罹った経験から寛解までの道のりを書きます。

統合失調症になるまで1年間引きこもり状態だった

統合失調症は割と身近な病気です。

100人に1人はかかると言われている病気です。そんな統合失調症は、妄想、幻聴、幻覚などの症状が現れて生活ができなくなります。

私の場合、診断はされていないですが、長年鬱っぽい状態が続き、気力でなんとかやっていましたが、生活する力がなくなり1年間引きこもり状態で何もできず家でずーーーっと寝ていました。

そんな状態だったのもあり、何も考えられずただ時間が過ぎていました。

気付いたら1年間過ぎていたという感じでした。

しかし、この1年間の間に妄想が出現して、何かおかしいなと、感じるようになり病院へ行きました。

統合失調症だという自覚があり、自ら精神病院へ行く

精神的におかしくなったことに気付いたので、自分から精神病院に行くことにしました。

統合失調症になる前から本で統合失調症のことを知っていたので、精神科医には1時間ぐらい話した後に自分の症状は統合失調症だ、と言いました。

統合失調症になると病識がないので自分が病気だと気付かないのですが、私は統合失調症だ、と分かっていたのです。

その数年後に精神科医から薬を止めてみましょうと言われて止めました。

薬を止めた後は会話がスムーズになるし頭がクリアーになった感じがしました。しかし、ストレスからか妄想が再燃して閉鎖病棟に入院しました。

なぜ精神科医が薬を止める判断をしたのが疑問でした。今でも薬を止めた理由を私は知りません。その精神科医は数年前に退職したので、服薬を中止した理由は今、知る由もありません。

一度止めた服薬をまた再開する

閉鎖病棟にいる間に服薬を開始し、エビリファイのOD錠24mgを飲み始めました。

1カ月ぐらいで妄想は消えて日常生活ができるようになりました。

しかし、頭にモヤがかかったような感じになって服薬を自己判断で止めました。

それがいけなかった。

また妄想がふつふつとでてきて、急いでまた服薬をし始めました。

また閉鎖病棟には入りたくなかったのです。その後、また安定し始めました。服薬しないと妄想が再燃すると分かりました。多分一生服薬を欠かせないと思います。

退院後、体調を戻すのに数年はかかる

私の場合ですが、初めて精神科に行き服薬して仕事をするのに数カ月、確か3ヶ月掛かりましたが、
精神科医の判断で、服薬を中止してその後再発して体調を戻すのに1年ほどかかりました。

もちろん、症状の程度にもよると思いますが、すぐに良くならない大変な病気です。

まとめ

今はいい薬があるので、統合失調症になっても寛解を目指せますし、仕事も普通にできます。

昔は、大変だったと聞きますが、今は割とまだ恵まれているのではないでしょうか?

寛解を目指すには環境を調整する事や、服薬をちゃんとする事が大事です。

そして自分のペースでゆっくりと歩みを進めることが大事です。焦ったりしてはダメです。

  • 3
  • 0
  • 0

仙台の人

図書館にある、まんがで読破シリーズを全て読みたいと考えています。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内