ひきこもり体験談3(コンコルド効果に悩まされる)

どーも、はちろうです。今回は少しまじめで重たい話でも(個人比)


ひきこもりの間ストレスや何かしらがあり、ソシャゲに重課金していました。
病院の依存科に通ってみたり、限度額をわざと少なくしたり(ここは蛇足になるので詳しく書きません)して額は減りましたが、今でも少ししてしまうといった感じで治ってはいません。

唯一クレジットカードには手を出さないというファインプレーは自分を褒めたい…。

元々ゲームが好きで据え置きメインで遊ぶのが主でした。現在では据え置きのソフトが盛り返してきておりますが、私がスマホにしたときは発売されるソフトも減り、ソシャゲがこのまま据え置きを駆逐するのか!?という勢いでした。
そこが私の重課金の道になってしまったのですね~。

やるソシャゲの数はだいぶ減り全盛期は6~7でしたが、今は3っつにとどまっております。お金を入れるものは元々2つしかなく、そのうちの1つはデータが消え『これは辞めるちょうど良い機会なのでは?』と思いそのまま辞めた次第であります。こうでもしないと辞めなかったと思うと怖いです。

ここでタイトルにあるコンコルド効果というものが出てきます。埋没効果とも言われるものですね、内容をざっくり書くと

これまでにこんなに時間やお金を使ったのだから今までの行為が全て無駄になってしまうのでは?ということです。

ソシャゲをやめるにやめられない理由の一つが主にこれ。後は話題になった射幸心。自らはコンコルド効果に悩まされソシャゲ自体をやめられないのですよね~。でも先ほど書いたように1つほぼ強制的ですが辞める選択肢を選びました。データ復旧なんて運営さんに頼めばできることもありますよね。
そもそもソシャゲは終わりがなく延々とキャラや武器が上振れていくので、そこに疲れてしまいました。それに後押しされた感じです。

しかしもう1つの方は上振れはあれど辞めるに至れず…。据え置きのやりたいゲームが増えてきたのでそのために我慢する方向にシフトしていければな、と思っております。

実際コスパは据え置き一強だと思いますね、本体費用が用意できれば長くできるゲームも多いですのでね~。今年は良いホラーゲームがたくさん出ているので早くやりたいところです!

今回は長かったですが、ここまで読んで下さりありがとうございました!

  • 8
  • 1
  • 1

おすすめのタグ

はちろう

回避性パーソナリティ障害。神話と宗教、羽や花欠損などをモチーフに描いたりします。芸大中退。サブカル全般好き。

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内