「天空の魔女」第九話

前回の話

登場人物
まどか ただし すずは さえり 由梨ナナリ 水野神ひかる ゆう

さぁ〜学校に行くか

・・・?・・・!ただし
どう言うかぜのふき回し

違うよ、まどかに迷惑ばかりかけているから

なるほど、私への恩返しかしら

まどかは展開城にいたから

私が守ってくれると思ったわけね

違うよ

まぁ〜いいは
学校にいくよ、すずは、さえり

まどか、ただし

今日も、だだしを起こしに

違うな、だだしは私を恩返しするみたい

へぇ〜恩返しできるのかしら、だだし

違うって、まどかに迷惑かけたから

それぐらい分かってるは

えーそうなの

ただしの考えぐらい分かるわ
(何だ誰かがついている。私よりは弱いけど)

どうした、まどか

何でもないは

そうか、それなら良いけど

まさか時間ないに学校に着くとはね

すずは今日は部活はあるの

今日はあるは、さえり、すずは、ただし
昼食一緒食べない

一緒に食べてるじゃない

ただしは

僕は、どうしよう

さえり、すずは、ただしを送ってくれない

どうしてだ

だから、一緒に食べないかと思ってね

分かった、四人で話しをすればわかるんだな

そうだな

どこで食べるの

体育館

4人で体育館へ

何まどか

1ついい、私を狙っている奴が付きまとってる

それは誰

地底城の人でしょう

ただし、何か鋭くなったね地質的には地底上の人物らしき物と言った方がいいのかも誰かは分からない

だから私に2人を送ってくれと

そういうことになる

まどかはどうするの

私は一人で帰る

まどかは大丈夫

大丈夫だよ
変える順番がすずはを先にして

どうして

地底上の人は弱い者には手を出さないから
すずは部活は何時で終わる

16時で終わるよ

分かった16時ぐらいまで待つよ

皆ありがとう

どうするんだ

私は校門の右から帰るから、皆は左から帰って

了解

分かった

・・・・・・・・・

ただしはどうする

うあぁ・・・分かった

それで行こう

皆は16時まで待った

皆待ってて、ありがとう

じゃー行こうか

てまどか大丈夫

大丈夫だよ
さえり、よろしくね

了解・・・・任せて

まどかは右から校門
さえり、すずは、ただしは左の校門から出た

さえり、すずは、ただし また明日

まどか、また明日な

てまどか、また明日

たまた、明日

まどかが、しばらく歩き
前に人の姿が

あの人から強い殺気が感じられる

まどかが近づく

あなたは誰

あなたが天空の魔女の山野 まどか

10年前、天地の戦いの地底城の母の
娘の水野神 ひかる?

そうだ、私が水野神 ひかるだ

(でも、私よりだいぶ弱い)
(ゆうより・・・…ゆうよりは強い)
ひかる、私にその強さで挑むつより

そずいぶん余裕だな
じゃー試してみる

娘丸腰相手にその長刀らしき長寿武器を振るつもり

そ言うことだ

たまどかに襲ってきたがまどかはかわした

(先ほどより殺気が強いものがこっちに向かってくる)
(殺気が消えた)
(なるほど、ゆうよりは、だいぶ強いな)

そへえ~さすがは天空の魔女さん私より強いね
だが、その強さで、ひかるに通じるかな

なに・・・・・お前がひかるではないのか?

違うよ

まさか側近

そう言う事になる

(何だこの後ろからくる殺気は)

まどかは後ろを向いた

こんにちは、これは側近が悪い事をした
天空の魔女さん

いつから、後ろに?

10秒程・・・10秒あれば天空の魔女を
・・・・・これは失礼した
天空の魔女さん

なぜ私を殺めなかった

今、天空の魔女を殺めるつもりはないよ

なぜ

私より弱いと見たから、いまの天空の魔女を
殺めても私には意味がない
天空の魔女さん、まさか私の側近を
弱いと思ってない?

なに

天空の魔女がこんなに弱いとは思わなかったよ

・・・・・・・・・・・

また天空の魔女さんに失礼した
だだ、私に勝つには早いな
せいぜい私の側近と遊ぶ事だ
物騒な物をしまえ行くよ側近
また、合うと思うからうでを上げて下さいね
天空の魔女さん

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

行ったようね
地底の魔女、水野神 ひかる
ずいぶん余裕見たいね
ゆう、どう思う

かなり強いと思います

あの地底の魔女はどう思う
私のより強いと思う

私は師匠に悪いけど1歩上手のように思います

そうか、分かった。どうやら私は旅に出たほうが
良いかもしれないな?

旅に

ゆう展開城へのに行くよ

分かりました

雲に乗り展開城へ向かった

まどか旅に出るって何処に

右星城へ

第十話に続く

  • 0
  • 0
  • 0

おすすめのタグ

鮎川 ひろみ

利用してから10月で3年経ちます。 色々な人と会って学んで心も変わってきたように思えます 喜びや悲しみやイライラや一歩進んでみたり引いたり 色々感情が3年も経つのにまだ感情がまとまらないけど コロナと言うものが大きく自分に壁にになり自分なりに対策はしていますが 頑張っていきたいです。改めてよろしくお願いいたします

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内