「天空の魔女」第五話

前回の話

登場人物
まどか
ゆう

みう
すずは
ただし

複数の兵士が倒れている

ゆう、ここに居てくれ。私が行ってくる。

まどか、大丈夫?

大丈夫。

気をつけてね!

了解。

やっと来たか。

いったい誰が・・・?
まぁ、戦っているうちに分かるだろう。
さてと、では行ってくる。

まどか、気をつけるのじゃ。

了解。

久しぶり、まどか。

お前はだれだ。

もう忘れたの?まどか。
お前の前の側近だよ。

まりこか。

そう、まりこだ。
お前は前の側近に倒されるのだ。
まどか、行くぞ。

まどか、逃げているだけじゃ私に勝てると思うか?

キーン
地上では

ただしはまどかの幼なじみでしょ?
まどかってどういう人?
私は1年しか、まどかの友達じゃないから分からないのよ!
ゆっくりでもいいから話してみて。

天空城では

まどか、いつまで逃げ回るつもりだ。

その言葉は立っていられた時に言いな。

(まどかは何を考えているのだろう)

キーン・・・キーン・・・
キーン・・・

まどかは、活発な女の子・・・
気が強く・・・・この僕を・・・助けてくれる。
それは、どうしてか・・・わからない・・・

天空城では

まどかの方が疲れてなく、優位に立っている。
あの人は、疲れてきて息を切らしてきてる。

自爆を誘っているのじゃ。

自爆?

そう。まりこは息が切れてきている。
でも、まどかは息が切れていない。
その差がではじめている。

それじゃまどかは剣術で勝とうとしているわけではないの?

そのとうりじゃ。
それは、まどかが一番分かっている。

地上では

それで、まどかの家族構成はどうなっているの?

まどかの・・・親も見たことない・・・
でも、姉妹がいる・・・見たことはない・・・
幼なじみと言っていも、まどか以外見たことない・・・

天空城では
まりこが体力の限界で倒れた

まりこ、もう終わりか。

まどかの勝ちだな。

まりこ、どうするまだやるか。

くっそ、まどかに負けるとは。
もう動けない。私の負けだ。

ゆう、私のベッドまで運んで。
(まりこの剣術の腕が上がっていた・・・)

地上では

ただし、家に着いたよ。

ありがとう・・・
気をつけて帰って・・・

分かったよ。じゃあね。

すずはが歩いていると
前から剣道部が後ろからも剣道部が

何よ、あんたたち。

ちょっと顔貸してもらおうか。

すずはが河川敷に連れ去れた

第六話に続く

  • 3
  • 0
  • 0

おすすめのタグ

鮎川 ひろみ

利用してから10月で3年経ちます。 色々な人と会って学んで心も変わってきたように思えます 喜びや悲しみやイライラや一歩進んでみたり引いたり 色々感情が3年も経つのにまだ感情がまとまらないけど コロナと言うものが大きく自分に壁にになり自分なりに対策はしていますが 頑張っていきたいです。改めてよろしくお願いいたします

作者のページを見る

寄付について

「novalue」は、‟一人ひとりが自分らしく働ける社会”の実現を目指す、
就労継続支援B型事業所manabyCREATORSが運営するWebメディアです。

当メディアの運営は、活動に賛同してくださる寄付者様の協賛によって成り立っており、
広告記事の掲載先をお探しの企業様や寄付者様を随時、募集しております。

寄付についてのご案内